©︎2019 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

2018年度 企画コース

※2019年度カリキュラムは近日公開の予定です。

-------------------------------------------------------------

​企画コースカリキュラム

-------------------------------------------------------------

※合同:企画コースと制作コースの合同授業

​前期

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

5月26日(土)1 .「楽しくまちづくりを知るワークショップ」※合同
白鳥健志|札幌駅前通まちづくり株式会社
札幌市勤務を経て、2010年まちづくり会社に入社。2015年から現職。公共施設(札幌駅前通地下広場、札幌市北3条広場)を活用し、事業収益をまちづくり活動に充てるなどのエリアマネジメントに取り組む。公務員時代からまちづくり活動に携わり、現在は「NPO法人えべつ協働ねっとわーく」の顧問、「NPO法人コンカリーニョ」の理事等を務める。
内川亜紀|札幌駅前通まちづくり株式会社

茨城県生まれ。2007年、東京藝術大学大学院美術研究科修了。

同大学院文化財保存学専攻教育研究助手を務め、歴史的建造物の保存・活用に関する調査活動などを行う。都市計画コンサルタントを経て、2010年9月の「札幌駅前通まちづくり株式会社」設立時より勤務し、2015年より現職。札幌駅前通地下広場及び札幌市北3条広場といった公共空間の運営を行うとともに、札幌駅前通地区のエリアマネジメントに携わる。

​5月26日(土)2 .「新しく始めるための助走」※合同

 

今村育子|アーティスト/札幌駅前通まちづくり株式会社
1978年札幌生まれ。2006年より日常の中にある些細な光景などをモチーフにインスタレーション作品を制作。2011年より札幌駅前通まちづくり株式会社へ入社、33歳で生まれて初めて会社員となる。主に「シンクスクール」「PARC」「さっぽろユキテラス」「テラス計画」の企画や、まち会社主催事業のデザインを担当している。
高橋喜代史|アーティスト/一般社団法人PROJECTA
1974年北海道生まれ。言語とコミュニケーションに関する作品を制作している。近年は、他者との距離や境界について考察する映像インスタレーションなどを発表。ニュージーランドや北アイルランドでの個展、カナダや中国でのグループ展など札幌を拠点に国内外で活動を展開。2012年より大通地下ギャラリー500m美術館、札幌駅前通地下歩行空間での[PARC]など展覧会やアートプロジェクトの企画運営も行う。2015年一般社団法人PROJECTAを設立。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

​6月2日(土)「チームワークで、企画のアイディアを考える」ステップ1

酒井秀治|まちづくりプランナー
1975年札幌生まれ。北海道大学工学研究科を修了後、2000年より東京のまちづくりコンサルタントにて主に密集住宅地の再生に従事。2007年夏より、故郷に戻り、(株)ノーザンクロスにて都心部の再開発や広場づくり、リノベーションによるサロン、カフェの企画コーディネートを通じて、まちなかの再生・賑わいづくりに取り組む。2010年4月、ミツバチの目線で都市部の自然環境を見つめ直す『サッポロ・ミツバチ・プロジェクト』を設立、理事長を務める。2017年6月会社を辞め独立、五里霧中にありながらもハード・ソフトをつなぐ実践的なまちづくりプロジェクトの中で日々修行中。一級建築士。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

​6月16日(土)1.「いま、求められるアートマネージメントとは?」※合同
                          2.「わかりあえないことからはじめるワークショップ」※合同

平田オリザ|劇作家/演出家

1962年東京生まれ。劇作家、演出家。こまばアゴラ劇場芸術総監督、劇団「青年団」主宰。城崎国際アートセンター芸術監督、

大阪大学COデザインセンター特任教授、東京藝術大学COI研究推進機構特任教授、四国学院大学客員教授。

1995年『東京ノート』で岸田國士戯曲賞受賞。2003年日韓合同公演『その河をこえて、五月』で、第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。

2011年仏国文化省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。全国自治体との関わりも多岐にわたり、豊岡市文化政策担当参与、岡山県奈義町

教育・文化まちづくり監もつとめる。

撮影:青木司

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6月30日(土)「ファシリテーションを学んでリーダーになろう!」ステップ2
​酒井秀治|まちづくりプランナー

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

7月7日(土)「写真を学び、街の写真を撮る」チャームポイント5※合同

酒井広司|グレイトーンフォトグラフス有限会社代表/写真家

公益社団法人日本写真家協会会員/札幌大谷大学非常勤講師

1960年余市生まれ、札幌在住。1970年代より北海道を撮影対象に写真を制作。主なシリーズは「偶景/SightSeeing」、「北海道の旅」、「そこに立つもの」1980年東京工芸大学短大部写真技術科卒、同年、第1回フォックスタルボット賞入賞。1984年より札幌にて個展や企画展などに多数参加。2014年第30回写真の町東川賞特別作家賞受賞。同年、第1回札幌国際芸術祭連携企画展「表出する写真、北海道」参加。2016年北海道文化奨励賞受賞。2017年第2回札幌国際芸術祭公募企画展参加。同年、個展「山に行く」北海道文化財団ギャラリー

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

7月21日(土)「空き家の利用法とリノベーションについて」ステップ3
酒井秀治|まちづくりプランナー

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

7月28日(土)「プロジェクトマネジメント入門」〜計画をどうコントロールする?〜
林千晶|株式会社ロフトワーク代表取締役
早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間200件を超える。2万5千人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、世界9カ国に展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材に向き合うコワーキング施設「MTRL」などを運営。MITメディアラボ 所長補佐、グッドデザイン賞審査委員なども務める。森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す官民共同事業体「株式会社飛騨の森でクマは踊る」を岐阜県飛騨市に設立、代表取締役社長に就任。「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」(日経WOMAN)を受賞。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

8月上旬「八月祭」都心のお祭りを体験する!(予定)
※希望者のみ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

8月18日(土)「アートプロジェクトって何?」

加治屋健司(かじやけんじ)美術史家、東京大学大学院総合文化研究科准教授

1971年生まれ。東京大学教養学部卒業。ニューヨーク大学大学院美術研究所博士課程修了。PhD(美術史)。日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ代表。共著に藤田直哉編『地域アート――美学/制度/日本』(堀之内出版、2016年)、共編著にFrom Postwar to Postmodern, Art in Japan 1945-1989: Primary Documents (New York: Museum of Modern Art, 2012)、『中原佑介美術批評選集』全12巻(現代企画室+BankART出版、2011年―)、共訳書にイヴ=アラン・ボワ、ロザリンド・E・クラウス『アンフォルム 無形なものの事典』(月曜社、2011年)。

撮影:石原友明

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

8月25日(土)「企画者になるために必要な3つの力」
森司|​アーツカウンシル東京
1960年愛知県生まれ。公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京事業推進室事業調整課長。「東京アートポイント計画」の立ち上げから関わり、ディレクターとしてNPO等と協働したアートプロジェクトの企画運営や、人材育成・研究開発事業「Tokyo Art Research Lab」を手がける。「東京都による芸術文化を活用する被災地支援事業(Art  Support Tohoku-Tokyo)」、オリンピック・パラリンピックの文化プログラムの展開に向けた東京都の文化事業のディレクターを兼務している。
撮影:KazueKawase

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

8月26日(日)「企画をブラッシュアップする」
森司|​公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京事業推進室事業調整課長

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

9月8日(土)「キュレーションを知る」※合同
蔵屋美香|東京国立近代美術館企画課長
千葉生まれ。千葉大学大学院修了。東京国立近代美術館企画課長。おもな展覧会に「ヴィデオを待ちながら―映像、60年代から今日へ」(2009年、東京国立近代美術館 三輪健仁と共同キュレーション)、「ぬぐ絵画―日本のヌード1880-1945」(2011-12年、同)、第55回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館キュレーション(2013年、アーティスト:田中功起)、「高松次郎ミステリーズ」(2014-15年、同、保坂健二朗・桝田倫広と共同キュレーション)、「藤田嗣治、全所蔵作品展示。」(2015年、同)など。2012年から16年まで所蔵作品展「MOMATコレクション」の構成改変を担当。
撮影:森本菜穂子

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

9月15日(土)「企画書、事業計画書をつくる」ステップ4
酒井秀治|まちづくりプランナー

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

9月22日(土)〜30日(日)「PARC 8」公共空間のアートプロジェクトを体験する!
※希望者のみ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

10月6日(土)「プレゼンテーションを学ぶ」企画へのアドバイス
鎌田順也|アートディレクター/グラフィックデザイナー
1976年北海道生まれ。KD主宰。「洋菓子きのとや」「松尾ジンギスカン」「トモエ 福山醸造」「沼田町 暮らしの安心センター」サイン計画、横浜の和雑貨ブランド「濱文様」「東京ミッドタウン デザインタッチ」など北海道内だけでなく、全国規模の企業ブランディングを手がける一方、北海道ナチュラルチーズの専門店「チーズのこえ」、美容室「Cheery」などの個人店舗の総合ディレクションを行い、規模を問わず活動している。主な受賞に、ニューヨーク ONE SHOW 金賞、ロンドン D&AD 金賞、グッドデザイン賞、JAGDA新人賞、JAGDA賞、日本パッケージデザイン大賞 金賞、日本サインデザイン賞 最優秀賞など。東海大学、札幌大谷大学非常勤講師。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

10月20日(土)〜11月3日(土)「前期展」

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

10/20(土)「前期課題 公開プレゼンテーション&企画講評」
白鳥健志|札幌駅前通まちづくり株式会社
札幌市勤務を経て、2010年まちづくり会社に入社。2015年から現職。公共施設(札幌駅前通地下広場、札幌市北3条広場)を活用し、事業収益をまちづくり活動に充てるなどのエリアマネジメントに取り組む。公務員時代からまちづくり活動に携わり、現在は「NPO法人えべつ協働ねっとわーく」の顧問、「NPO法人コンカリーニョ」の理事等を務める。
酒井秀治|まちづくりプランナー
1975年札幌生まれ。北海道大学工学研究科を修了後、2000年より東京のまちづくりコンサルタントにて主に密集住宅地の再生に従事。2007年夏より、故郷に戻り、(株)ノーザンクロスにて都心部の再開発や広場づくり、リノベーションによるサロン、カフェの企画コーディネートを通じて、まちなかの再生・賑わいづくりに取り組む。2010年4月、ミツバチの目線で都市部の自然環境を見つめ直す『サッポロ・ミツバチ・プロジェクト』を設立、理事長を務める。2017年6月会社を辞め独立、五里霧中にありながらもハード・ソフトをつなぐ実践的なまちづくりプロジェクトの中で日々修行中。一級建築士。

細川麻沙美|札幌国際芸術祭事務局マネージャー/コーディネーター

1977年東京生まれ。大学卒業後、テレビ局での展覧会制作・運営を経て、2008年より、企画・展示業務を中心にフェスティバル事務局に従事。2013年に独立。これまでに「イサム・ノグチ展」(2005年、札幌芸術の森美術館、東京都現代美術館)、「スーパーエッシャー展」(2006年、Bunkamuraザ・ミュージアム)、「文化庁メディア芸術祭」(2008年~)、「札幌国際芸術祭」(2014年〜、札幌市)「スペクトラム―いまを見つめ未来を探す」(2015年、スパイラル)等に関わる。現在、札幌国際芸術祭事務局マネージャー。札幌大谷大学非常勤講師。

三橋純予|北海道教育大学岩見沢校 美術文化専攻 教授 

東京都出身。東京都写真美術館、東京都現代美術館等で学芸員として展覧会や美術館教育プログラムを多数企画実施。

2006年より北海道教育大学岩見沢校にてアートマネジメントや現代美術論、博物館学芸員資格科目を担当。道内の美術館と連携した展示企画やワークショップ、コンサート、地域におけるアートプロジェクト(川俣正:三笠プロジェクト)などを展開している。H28年からは川俣正:岩見沢プロジェクトやアールブリュットの芸術活動支援など、岩見沢市内の活動にも積極的に関わっている。共著に『日本写真家事典』など。岩見沢市在住。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

後期 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

10月27日(土)「グループ企画と前期展の前期展の作品をふりかえる。卒業企画展・制作展について」

今村育子|アーティスト/札幌駅前通まちづくり株式会社

高橋喜代史|アーティスト/一般社団法人PROJECTA

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

11月10日(土)「社会を動かすアート」※合同
 
工藤安代|特定非営利活動法人Art & Society研究センター 代表理事

東京生まれ。多摩美術大学卒業、南カルフォルニア大学大学院、埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程を修了。民間企業にて公共/民間組織におけるアート・コミッション事業に携わった後、社会・地域における芸術文化活動の研究活動に取り組み、2009年現法人を設立。プロジェクト型アートのアーカイブ活動や都市の公共空間を活用したプロジェクト等をおこなう。近年はソーシャリー・エンゲイジド・アートに関する研究会や展覧会等を主催。主な著作に『パブリックアート政策』、翻訳書『ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門』等がある。

URL:http://www.art-society.com

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

11月17〜19日「企画コース、制作コース合同合宿」
​ ※希望者のみ(合宿費別途料金)
 
山本麻友美(京都芸術センター チーフ・プログラム・ディレクター)

京都芸術センター チーフ・プログラム・ディレクター。京都芸術センター事業の統括を行う。専門は現代美術、メディアアート論であるが、2000年の開館時からアーティスト・イン・レジデンスや伝統芸能の事業等を担当し経験を積む。昨年度開催された東アジア文化都市2017京都「アジア回廊 現代美術展」では、京都芸術センターに加え世界遺産・二条城を会場とし、キュレーションとマネジメントを担当した。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

12月8日(土)「企画の組み立て方」企画アドバイス 1
 
石塚雅明|株式会社石塚計画デザイン事務所 代表取締役
1952年札幌生まれ。北海道大学大学院修士課程建築工学専攻終了。現在、(株)石塚計画デザイン事務所顧問。住民参加、住民主体のまちづくりプランナーとして北海道、首都圏を中心に活躍。住民参加によるパブリックアート制作にもかかわる。それらの実践に基づき、ファシリテーション能力向上のための研修プログラムを企画し、全国で実施。総務省地域力創造アドバイザー、北海道地域づくりアドバイザーなど。主な著書に『参加の「場」をデザインする』、『まちづくり学 —アイディアから実現までのプロセス—』共著など。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

12月15日(土)「企画書・予算書をつくる」企画アドバイス 2
 
柴田尚|北海道教育大学岩見沢校教授/NPO法人S-AIR代表

NPO法人S-AIR(エスエア)代表。現在までの18年間に36カ国94名以上の滞在製作に関わる。NPO法人S-AIRは、2008年、国際交流基金地球市民賞を受賞。2013年度より、北海道教育大学岩見沢校教授となる。S-AIRでは札幌を制作場所としたビジュアルアーツが中心だが、大学では岩見沢を舞台としたヌーヴォーシルクの滞在製作「空知遊覧」を2016年よりスタートしている。共著に「指定管理者制度で何が変わるのか」(水曜社)「廃校を活用した芸術文化施設による地域文化振興の基本調査」(共同文化社)がある。2016年、北海道文化奨励賞受賞。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

12月​中旬〜下旬「視察研修旅行に行く!」(予定)
※希望者のみ(別途料金)
 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

1月12日(土)「卒業制作展にむけて」

今村育子|アーティスト/札幌駅前通まちづくり株式会社

高橋喜代史|アーティスト/一般社団法人PROJECTA

 
 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

1月19日(土)「企画をかたちにする」企画アドバイス 3
 
漆崇博|一般社団法人AISプランニング代表理事
1977年北海道生まれ。一般社団法人AISプランニング代表理事。北海道各地でのアーティスト・イン・スクール事業のコーディネートを中心に、香川県観音寺市におけるまちづくり事業、トヨタ・子どもとアーティストの出会い事業、北海道コミュニケーション教育ネットなど芸術文化を媒介とした事業運営や、コミュニティースペースオノベカ、さっぽろ天神山アートスタジオ(札幌市)、SIAFラボ(札幌国際芸術祭)の運営などを担っている。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

2月9日(土)「まちづくりとは何か?」企画アドバイス 4
 
神長敬|株式会社KITABA 代表取締役社長
1966年生まれ、宮城県出身。札幌市のモエレ沼公園や石山緑地などの公園設計、新型低床車両ポラリスのデザイン、仁木町のワイナリー計画など、ランドスケープ、プロダクト、建築と幅広くデザイン・プロジェクトにかかわる。被災地、東松島市では、支えあう暮らしの実現に向けたコレクティブ・ハウスの設計に参画。そのほか、まちづくりへの住民参加のプロセス・プランニング、地域計画や行政計画に関するプロジェクトも多い。北海道地域づくりアドバイザー、技術士(建設部門 都市及び地方計画)。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

2月23日(土)「プレゼンテーションを学ぶ」企画アドバイス 5
 
佐々木信|デザイナー
1974年北海道生まれ。デザイナー。大学在学中に、札幌のミニシアター・シアターキノに映写技師として勤務。1996年に渡英し、翌年、一文無しで帰国。すぐに札幌の編集プロダクションでグラフィックデザイナーとして仕事を始め、2001年に独立。3KGを設立し、札幌市交通局のICカードSAPICAの盤面や、札幌市のシティプロモート「SAPP‿RO」のマークをデザイン。AIRDOのマスコット「ベアドゥ」のデザインも手がける。2007年にD&DEPARTMENT HOKKAIDO by 3KG をオープンしたほか、2010年にシブヤ大学の姉妹校として開設された札幌オオドオリ大学の創設に携わる。毎月「庭しんぶん」を発行していますので、ぜひ読んでみてください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

3月9日(土)「卒業企画展にむけて」

今村育子|アーティスト/札幌駅前通まちづくり株式会社

高橋喜代史|アーティスト/一般社団法人PROJECTA

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

​3月16日(土)〜3月24日(日)「卒業企画・制作展」
 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

3月23日(土)「アート&ライフ:社会における美術の可能性(仮)」「卒業企画/卒業制作 講評」

 
荒木夏実|東京藝術大学准教授
慶應義塾大学文学部卒業、英国レスター大学ミュージアム・スタディーズ修了。三鷹市芸術文化振興財団キュレーター(1994-2002)、森美術館キュレーター(2003-2018)を経て2018年より東京藝術大学准教授。慶應義塾大学非常勤講師。主な展覧会に「小谷元彦展:幽体の知覚」(2010)、「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」(2014)、「ディン・Q・レ展:明日への記憶」(2015)、「六本木クロッシング2016:僕の身体、あなたの声」(2016)など。「ゴー・ビトゥイーンズ展」で第26回倫雅美術奨励賞(美術評論部門)、第10回西洋美術振興財団賞を受賞。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

3月30日(土)「卒業企画と卒業作品をふりかえる」修了式​

今村育子|アーティスト/札幌駅前通まちづくり株式会社

白鳥健志|札幌駅前通まちづくり株式会社

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------

アイデアをカタチにする4つのステップ

----------------------------------------------------------------------------------------

シンクスクールは、まちづくりやアートの創造性を学びながら、自分の好きなこと、やりたいことを見つける学校です。レクチャー+ワークショップ+ディスカッションで「考える」ことに重点を置いた体験型学習を通して、クリエイティブな考え方を知り、常識や慣習にとらわれず、自らの個性と感性を活かした企画をつくることが目的です。アートマネジメントとまちづくりの手法から企画の組み立て方を学びます。

ステップ1(5月〜7月)

知る、見る、学ぶ

アートやマネジメント、プロジェクトマネジメントの基礎を学び、企画者への第一歩を踏み出します。企画コースでは、前期終了課題に向けチームにわかれて企画会議を行い、ファシリテーションの技術などを実践しながら習得します。

ステップ2(8月〜10月)

体験する、考える

キュレーター、プランナーの活動を通じて企画の仕事を幅広く学びます。また、チームで立てた企画を公開プレゼンテーションで発表し、講評を受けます。

ステップ3(11月〜1月)

​深める、掘り下げる

前期企画についてディスカッションし、企画書・予算書のつくり方、起業についての実例を学びます。また、合宿を通して自身の企画に対する考えや理解を深め、卒業企画展にむけて個人の企画案を組み立てます。

ステップ4(2月〜3月)

企画する、発表する

卒業企画展にむけて、講評やミーティングを通じて企画のブラッシュアップを行いながら、企画の作り方、見せ方を学びます。

卒業企画展で自身の企画を発表しThink School企画コースを修了となります。

講師は2018年3月31日現在のものです。変更する場合あり。

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle