1/14 「作品の作り方」

今回の講師はお二人の方をお招きしました。 東方悠平さんと進藤冬華さんです! お二人はアーティストとして活動されており、今回は「作品の作り方」という事でお話をお伺いしました。 お二人はどんな表現をしているのか、とても興味があります! はじめは進藤冬華さんにお話して頂きました。 進藤さんは北海道の歴史や文化をリサーチし、作品化しているアーティストです。 工芸や写真、インスタレーションなど、表現の内容によって作風は様々で、ときに実験的に試行錯誤しながら表現方法が変わるというお話でした。 「作品を固定化したくない」という言葉がとても印象的でした。 これは進藤さんの有名な作品です。 続いて、東方さんからのお話です。 東方さんはインスタレーションで美術作品を創作しているアーティストで、各地域で発表した作品を見せて頂きました。 価値観の転換や何らかの気付きを発見するためアート活動をされているというお話は、受講生のみなさんにも共通しているテーマ。 東方さんの作品の一部、ゴミで出来たタワーの作品は画像で見るだけでも迫力がある作品で、受講生のみなさんからも質問が飛び交っていました。 講義の後は、先週に引き続き受講生の方からの企画発表の場が設けられました。 「作品は自分の表現で作るもの」という観点からの講義内容だったので、その後のプレゼンはそれぞれの受講生の方の個性がより感じられるプレゼンとなっていました。 講師のお二人も受講生の皆さんの発想にとても興味を持っていました。 受講生の皆さんのプレゼンの後は居残りで公開型の個人面談です! 一人の受講生の考えについてみんなの意見を出し合う場です。 先週に引

1/7 「アーティストとディレクター 二つの仕事」

明けましておめでとうございます! 今年も更にThink Schoolは皆様のご意見を取り入れ、より良いスクールを目指し精進して参ります。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 新年を迎え、早くも10日が経ち、すっかり日常の生活となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は「アーティストとディレクター 二つの仕事」というテーマで端聡さんをお迎え致しました。 講義内容では「社会彫刻」という新しいフレーズを学びました。 今回のテーマでもある「アーティストとディレクター」という講義はこの「社会彫刻」という言葉に隠された意味を知ることから始まります。 ※「社会彫刻」はヨーゼフ・ボイス(ドイツの現代美術家・彫刻家・教育者・社会活動家。)の概念で、政治・経済など社会的な意味を創造させる美術の事です。 「社会彫刻」の象徴的である作品の一つにマルセル・デュシャンの「泉」があります。 この作品は当初かなりの衝撃を与えた作品です。 他にはアンディ・ウォーホールなど、著名人のいくつかの作品についてレクチャーして頂きました。 本当のアートとは美術作品ではなく、作品と見る人の間に生まれるもの。どんな問題提起をし、新しい創造を生み出すか。それがアートのひとつの考え方。それを受講生のみなさんは真剣に聞き入っていました。 端さんの講義の次は受講生たちによるプレゼンです。 今年度末に行われる「後期終了企画展」で発表する企画内容をそれぞれ受講生の方に発表して頂きました。 受講生の方々の想いが詰まったプレゼン内容はどれも個性に溢れていました* 。 。,☆☆ ゜. + *.*。 約一年受講し、企画者としての貫

特集記事

最新記事

アーカイブ

©︎2020 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle