10/28 公開プレゼン&講評「Think Think Think」

10月28日(土)制作コースと企画コースの前期課題発表がおこなわれました! 制作コースは前期課題である「小作品」の展示を10日間行ない最終日に講評をうけ、企画コースは前期課題「札幌駅前通地下歩行空間チ・カ・ホでのアートプロジェトを考える」のプレゼンテーションをし、それについての講評をうけました。 どちらも一般公開されました。 制作コースの搬入風景。 展示方法のアドバイスを受けながら、挑戦している様子。 「微調整してきます」と作品を持ってアトリエへ向かう。。。。しかもこれをチャリで。。。おーーーい、間に合うのか! と心配しておりましたが、最終的には無事に完成しました。。10日間展示をし 最終日に好評をもらいます。 そして、 「Think Think Think 公開プレゼン&講評」当日 をむかえました。 美術家/アートディレクターの端聡さん、学芸員の樋泉綾子さん、アーティストの東方悠平さんの3名をお招きし、講評をしていただきました。 受講生一人ずつが自身の作品の解説を行ない、それに対して講師の方々からそれぞれ講評をもらいました。 鋭く厳しいご意見をいただき、今後の制作に生かします。 続いては、企画コースの公開プレゼンテーション&講評です。 審査員は、札幌駅前通まちづくり株式会社の内川亜紀さん、まちづくりプランナーの酒井秀治さん、札幌国際芸術祭2017事務局マネージャー/コーディネーターの細川麻沙美さん、そして制作コースに引き続き、美術家/アートディレクターの端聡さんです。 数ヶ月かけて練り上げた企画です。 それぞれ本当に大変だったと思います。 だけど、こうやって形になって発表する

Think School2017制作コース前期展|企画コース公開プレゼンを開催します

制作コース前期展 [Think Think Think シンク スィンク スティンク] 企画コース公開プレゼン [Think Think Think 考えに 考えた 考え] 今年で開講2年目となるアートとまちづくりを学べるThink School。現在「制作コース1期生」は生徒それぞれが前期展にむけ小作品の制作に、「企画コース2期生」は3つのグループに分かれて、札幌駅前通地下歩行空間チ・カ・ホでのアートプロジェクトを考える前期課題に取り組んでいます。この度前期課題を発表する「制作コース前期展」と「企画コース公開プレゼン」をテラス計画で行います。講評会には審査員をお招きして、課題について講評をいただきます。Think School2017年度生の半年間の試行錯誤とチャレンジを皆様ご高覧ください。 10月19日(木)~28日(土 )10:00~20:00|制作コース前期展 10月28日(土) 14:00~15:30|制作コース作品講評(見学自由) 16:00~17:30|企画コース公開プレゼン&講評 18:00~20:00|クロージングパーティー(差入れ歓迎!) 会場|中央区北2条西4丁目赤レンガテラス5階「眺望ギャラリーテラス計画」 主催|札幌駅前通まちづくり株式会社 問い|tel. 011-211-6406|mail. info@sapporoekimae-management.jp URL|www.sapporoekimae-management.jp|www.thinkschool.info

10/14 制作コース「ソーシャリー・エンゲージド・アートの現状と課題」

今回は講師に工藤安代さんをお招きしました。 工藤さんは特定非営利活動法人Art & Society研究センターの代表理事をしていらっしゃる方です。 http://www.art-society.com/about さて、今回は前期最後の講義となります。 まずは「ソーシャリーエンゲージドアート」を簡単に説明していただきました。 ソーシャリーエンゲージドアートというのは、アーティストが芸術の領域だけではなくもっと現実の中に関わり、日常を(社会を)変えていく活動を総称するものです。 また、こういった表現が現れて来た経緯を歴史的な視点からご説明していただき、社会問題とそれを題材にした作家の事例もご紹介いただきました。 工藤さんが実際に手掛けた展示「ソーシャリー・エンゲージド・アート展」について詳しくご紹介していただきました。 展示作家がどのようなアプローチをしたのか、また展示にいたるまでのプロセスも詳しく説明していただきました。 つづいては、ワークショップです。 1人1人が、気になる社会問題を考え発表しました。 さらに、似通った社会問題について発表した人同士がグループになり、その社会問題についてもっと深く考え、どのようなアプローチをしたらその問題が改善されていくのかを発表しディスカッションしました。 自分が気になる社会問題を元にディスカッションを重ねて、深め、あらゆる視点からそれをみて取り組んでいく事は企画をたてるときにもとても大切な事だと思います。 社会と自身の作品について考えるきっかけになった、とても良いワークショップの時間でした。 さて、次回は10/28、前期展の課題「小作品」の

10/14 企画コース「アートディレクターに学ぶプレゼンテーション」

今回は鎌田順也さんをお招きしました。 前期最後の講義になります。 鎌田さんは、「洋菓子きのとや」「松尾ジンギスカン」「トモエ 福山醸様」などの北海道を代表する企業の他、全国規模の企業ブランディングを手がける一方で個人店舗の総合ディレクションを行う等、規模を問わず活躍されています。また、デザイナーの登竜門といわれているるJAGDA新人賞や、世界三大広告賞と言われる、ニューヨークONE SHOW、ロンドンD&ADで金賞を受賞するなど、国内外での評価も高く、全国規模で活躍されている方です。 実施に手掛けて来た企業のブランディングについてのレクチャーをしていただきました。 パッケージデザインから、お店の制服まで、どういったゴールをめざして作り上げていくのか、 企業の方々とどう関わりながら進めていったのか等、具体的にお話をしていただきました。 続いては、先週に引続きグループごとに企画のプレゼンをし、鎌田さんにプレゼンテーションについてアドバイスをいただきました。 今回は全グループ、パワポを使用してのプレゼンです。 パワポのデザイン、プレゼンの仕方について具体的にアドバイスをいただきました! 次回は10/28、前期課題の発表会。公開プレゼンテーション&講評になります! ラストスパート! 乞うご期待。

10/7 企画コース「企画をかたちにする」

今回は、講師に細川麻沙美さん(札幌国際芸術祭事務局マネージャー/コーディネーター)をお招きしました。 ご自身が関わってきたプロジェクトのご紹介に続き、芸術祭の事例を元に組織と企画の組み立て方についてのレクチャーをしていただきました。 細川さんは現代美術にであった時に、わからなかったり衝撃を受け、それが今のお仕事に繋がっているとの事。 企画をする前にまずは、自分自身の事を良く知り、どのような立場でプロジェクトに関わっていけるのかを考えていく事が大切であるというお話をしていただきました。 自分の特性を知り、それを活かすことでチャンスは広がるとの事。 企画の進め方についての優れた本を読む事で、知識としては得る事が出来るけれど、やはり「現場に出る」という経験値しかない、とおっしゃっていました。 続いて、1人ずつ自分の特徴や向いていると思う事を発表しました。 そして、グループごとに前期課題の企画プランを発表し細川さんからアドバイスをいただき、企画を見直していきました。 前期課題の発表会まで残りわずか。。。。 次回の授業までには企画のプレゼン用のパワポも完成させていなければならないのですが、、、、 細川さんには、具体的に、現実的なご意見をバシバシいただきました! 次回の授業では実際にパワポを使いプレゼンをします。 どんな企画に出来上がっているのか、非常に楽しみです! 次回の企画コースは、 10/14「アートディレクターに学ぶプレゼンテーション」 鎌田順也さん(アートディレクター/グラフィックデザイナー)による講義です。

10/7 制作コース「作品について」

今回はアーティストの鈴木悠哉さんをお招きしました。 鈴木さんは現在札幌を拠点に活動をされています。 数年前までベルリンを拠点としてヨーロッパの様々なレジデンスにも参加していたアーティストです。 ドイツを含むヨーロッパへ行くきっかけになった事は、「作品のコンセプトをつきつめる、そしてディスカッションすることで自分の作品を言語化する事」が必要だと感じたからとのこと。 日本の美大は卒業していますが、そこでそれらを学ぶ機会はなかったのだそうです。 鈴木さんご自身の活動紹介の次は受講生の作品・作品プランの講評をいただきました。 毎週のように講評とディスカッションを重ねているせいか、言葉が出てくる様になっている気がします。 作家にアドバイスをもらい、ディスカッションをし皆で真剣に作品について考え向き合う時間というのは、本当に素晴らしい瞬間です。悩んで、もがく自分と真っ正面から向き合う時間でもあります。 アーティストに鋭い視点でアドバイスをもらう事が、作品(自分自身)を深堀りしていく道しるべになるのではないかと思います。 とても良い時間でした。 次回の制作コースの講義は、 10/14、工藤安代さん(特定非営利活動法人Art & Society研究センター代表理事)をお招きしての「ソーシャリー・エンゲージド・アートの現状と課題」です。

10月7日(土)からカナダ交流展「Instructions from the Readymade Institution」を開催します

アートとまちづくりを学ぶ「Think school」とカナダの「ノバスコシアデザイン美術大学(NSCAD)」との交流展を開催します。今年の8月、カナダのハリファックスにある”Anna Leonowens Gallery”にて、Think schoolから9名が出品し、展覧会を開催しました。テーマは、「移動可能な展示空間」「遠方」「異なる文脈」。札幌から送られてきた作品をNSCADの生徒が解釈し、展示をするというものでした。今回は同じテーマで、NSCADの生徒と先生が札幌のテラス計画へ作品を送り、Think schoolのメンバーが会場構成を行います。つくる側、展示する側、異文化の交流をどうぞお楽しみください。 会期|2017年10月7日(土)〜10月15日(日)10:00〜20:00 会場|眺望ギャラリーテラス計画(札幌市中央区北2条西4丁目 赤れんが テラス5階) 協力|The Readymade Institution (NSCAD), Michael Eddy, Emi Uemura 主催・問い合わせ|札幌駅前通まちづくり株式会社|011-211-6406 info@sapporoekimae-management.jp|www.sapporoekimae-management.jp

9/30 企画コース「芝居づくり、場づくり、まちづくり」

今回の企画コースは斎藤ちずさんをお招きしての講義でした。 斎藤ちずさんは札幌市で「コンカリーニョ」という劇場も兼ねた生活支援型文化施設の代表をされています。また、コンカリーニョの他に、ターミナルプラザことにパトス、あけぼのアート&コミュニティセンターの運営もされています。 お芝居に出会った時の話、コンカリーニョの立ち上げについてのお話や、経営のかたち、具体的な「お金の話」を沢山していただき、とてもパワフルな時間でした。 ワークショップでは、実際にどうやったらお金を生む事が出来るのか、それぞれがコンカリーニョを舞台にイベント等を具体的に皆でディスカッションしながら考えていきました。 「お金の話」になると熱が入る受講生がいて、賑やかな時間でした。 企画を動かす時にさけては通れない「お金の話」。 ここまで具体的にリアルに考える事がなかなかないので、とても貴重な時間でした。 次回は、細川麻沙美さん(札幌国際芸術祭事務局マネージャー/コーディネーター)による、 「企画をかたちにする」です。

9/30 制作コース「自作について」

今回は、札幌在住のアーティストの鈴木凉子さんをお招きしました。 鈴木凉子さんは国内外で活躍されており、海外のレジデンスや国際展等もご経験のある方です。 美しいです。 鈴木さんがどういった経緯で美術と出会い、作家になったのかをお話していただきました。 ご自身の表現方法の模索や、コンセプトについてなど、もがいていた時期のお話も聞く事ができました。 とても熱いレクチャーだったので制作コースの受講生は刺激になったと思います。 国際展や海外のレジデンスに参加した際のエピソードもとっても面白かったです。 後半は、前期展の作品・作品プランについての講評をしていただきました。 毎回プランが変わったり、うまく作品について説明できなかったり、皆頭をふりしぼってます。。。。 とても、わかりやすい言葉で鋭いアドバイスをいただけたと思います。 テンポが気持ちのよいレクチャーと講評だったなという印象でした。 前期展までひと月を切りました! 次回の制作コースの講義は10/7、鈴木悠哉さん(アーティスト)による、「作品について」です。

特集記事

最新記事

アーカイブ

©︎2020 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle