3/24 制作コース「講評会」

今回は、磯崎道佳さん(アーティスト)、宮井和美さん(モエレ沼公園学芸員)、川上大雅さん(ギャラリスト)の3名をお招きしての公開講評会です。 それぞれの視点からご意見をいただくという、なんとも貴重すぎる機会でした。 始まる前から、いや、オファーをさせていただいた時点から、厳しいご意見の予感がプンプンです。 なので、藤さんの時とは違った意味での緊張感が走っていました。 やはり厳しいです。 みなさん、さすが鋭いご意見・・・・・とても具体的です パフォーマンス。 大勢の人前でこういったパフォーマンスができるということに私が感動してしまいます。すごいよ。 顔つきが真剣。厳しいご意見。 写真の「黒」についても、とても具体的なアドバイス・ご意見をいただく。 聞いているこちらもすごく勉強になります。 やはりパフォーマンスの作品には人だかりが・・・ たくさんの方々に見ていただくことができました。 これで、企画コース、制作コースともに講義は全て終了しました。 次回は、4/7、1年の振り返りと修了式です!

シンクスクール説明会4/14(土)に開催!

Think Scoolってどんな学校?にお答えする説明会を開催します。 3月に開催した公開講座の機会をのがされた方も、 講座に参加してさらにくわしく話を聞いてみたい方も、 お気軽にご参加ください! ・説明会|2018年4月14日(土)13:00 〜 13:45 ・会場|札幌駅前通まちづくり株式会社 ・住所|札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 ・参加費|無料 ※下記いずれかの方法より、事前申込をお願いします。 電話:011-211-6406(札幌駅前通まちづくり株式会社) メール:info@projecta.or.jp(一般社団法人PROJECTA)

3/17「卒業制作展/公開講評」

さて、はじまりました。 卒業制作展。 初日である3/17は、藤浩志さん(美術家/秋田公立美術大学教授)をお招きしての公開講評&審査です。 受講生一人一人が会場で企画・作品おプレゼンをし講評を受けます。 その後、藤さんにより各コース1名ずつグランプリを選出してもらいます。該当者なしもあり! さ、今年のグランプリは誰でしょうか〜〜。 ちなみに、2016年度1期生の時は東京吉祥寺でArt Center Ongoing代表を務める小川希さんが審査員でして、グランプリはスキはどこからくるのかというコンセプトの「スキドコプロジェクト」が選ばれ、4月からその展示が「テラス計画」ではじまります。 藤浩志さんによる講評の前に、1時間ほどご自身の活動紹介などレクチャーをしていただきました。 大勢の人が通る地下歩行空間でのプレゼンです。 みんなしっかりプレゼンしていて、関心しちゃいます。 後期の企画コース課題は 「クリエイティブの力で社会や個人の課題に取り組むプラン」を考えるでした。 11月の合宿から個人課題への取り組みがスタートし、右往左往しながら皆本当に頑張ったな〜〜と、しみじみ。感動です。 こんなこと言うのは生意気ですが、 良い企画ばかりでした! 制作コースは、とにかく作品のプレゼンと講評を重ね、受講生同士のディスカッションも多くしてきました。前期課題の作品と比べると、見違えるように表現に深みがでていて、感動。。。。。泣 パフォーマンス作品のプレゼン時にはすごい人だかりができていました。 そして、この後は審査結果の発表と、オープニングパーティ! まずは、みんな、本当に一年間お疲れ様でした〜〜。

3/10 「セルフ・カウンセリング・ワークショップ」

今回は卒業展前の最後の講義となります。 講師は、毎度おなじみ、シンクスクール企画者である今村育子さん、企画運営をおこなっている高橋喜代史さんです。 そして、今回も超がつく長丁場。およそ6時間に及ぶカウンセリングとなりました。 前半は2018年度の受講を希望されている方々へむけた「公開講座」。 フランスのナントという街での1ヶ月のアーティストインレジデンスから帰国した高橋喜代史による報告会の後、 公開講座にはたくさんの方にお越しいただきました。 今回は説明会ではなく、どういう雰囲気か知ってもらうための公開講座となりました。 遅れてきた受講生が多かったせいか、公開講座への参加者の方が多いきが・・・・ このあと全員きましたが・・・w 全員での「セルフ・カウンセリング・ワークショップ」のはじまりです。 合同ディスカッションは制作も企画もまぜこぜに好きなところに座って、わいわいした雰囲気。 盛り上がります。 お菓子を食べたりリラックスした感じ、でも真剣そのものです。 展示方法などについて、作家としても20年ちかく活動されている二人からアドバイスをもらいます。 またしても、ここでがらっと展示方法が変わる人が・・・・間に合うか、心配! クラスメイトの協力もあり大丈夫そうでしたが・・・。 企画が明らかによくなっている! 嬉しく、面白い瞬間です。 まだうまく形になっていない人もいますが、 徹底的に話し合います。絞り出します。 最後の方になるとさすがに皆疲れてきてます。 あと一週間、頑張って〜〜〜 ということで、卒業展前最後の講義は、6時間に及ぶ長丁場でした。。。。 本当のラストスパート。 卒展乞

3月18日(日)開催!After Think School 〜卒業生と現役生がシンクスクールについて考える日〜

シンクスクール2016年度生(1期)で結成しているシンクチームによるワンデーイベントのお知らせです。 どなたでもご入場いただけますので、シンクスクールが気になる方是非お越しくださいませ。 以下、詳細です。 After Think School 〜卒業生と現役生がシンクスクールについて考える日〜 私たちがシンクスクールを卒業してもう1年が経たちます。 私たちはシンクスクールで学び、考え、何が変わったのだろうか、学びたかったことを学べたか、学んだ事をどう活かしているか、そしてシンクスクールはこれからどうあるべきなのだろうか。そもそも、なぜ入学を決めたのか・・。1人1人がこれまでを振り返り、モデレーターの進行のもと、トークセッションを行います。 日時|2018.3.18.sun 13:00~16:00 場所|テラス計画(中央区北2西4赤れんがテラス5F) モデレーター|酒井秀治(まちづくりプランナー) スピーカー|シンクスクール2016年度生、2017年度生 ※一般の方も入場可 トークセッション終了後に、懇親会を会場にて行います(参加費無料)。 どなたでもご参加いただけますので、お気軽にご参加ください。 お問合せ|tel:011-211-4366(テラス計画内 担当:黒岩) mail:info@projecta.0r.jp

2/24 制作コース「作品を深める」

今回は、前期もお越しいただいた、画家の山本雄基さんによるチュートリアルです。 はじめに言っておくと、通常2時間半の講義時間ですが、 今回はなんと4時間!全員本気の熱いチュートリアルでした。 卒業展にむけ制作中の受講生の作品について、また、まだ作品について迷っている受講生に対してアドバイスやディスカッションを行いました。 全員で一人一人の作品について考えます。 人の作品だけれど、自分の作品に置き換えて考えたり感じることにつながります。 11月の合宿の時にも同じくこういった時間があり、凄い熱を感じました。 卒展2週間前に、山本さんにチュートリアルをしてもらって 新たな気づきがあったり、そもそものコンセプトに至るまでの話だとか、 とても深かい時間です。 山本さんのチュートリアルすごいです。。。。。 少し疲れてきた様子。笑 まだまだ続きます。 いつも、周りを悩ます彼はシンクスクール企画コースの1期性でもありました。 企画者になる勉強をしながら、制作に目覚める人もいます。 皆の作品がどうなるか。 2週間後が楽しみです。 山本さん、展覧会前のお忙しい時に長丁場、ありがとうございました。 タイトルどおり「作品を深める」とても良い時間となりました。 さて、次回は 制作コース・企画コース合同で「セルフ・カウンセリング・ワークショップ」卒展前最後の講義です!

2/24 企画コース考える技術③「アートを語る言葉」

今回は講義では北海道大学大学院文学研究科芸術学講座教授の北村清彦さんをお招きしました。 企画コースだけの授業はこれで最後になります!!! なんと、、、時が経つのは早いものです。 北村先生の授業は まずはストレッチをして、体をほぐしてから、、、、w 昨年の授業でもしましたが、これがとてもスッキリして、さあ取り組むぞという気持ちになります。 みなさん、授業や会議の前にはストレッチがオススメです。 先週の三橋先生の授業までに作成したそれぞれの企画を事前にご覧いただき、企画立案や企画書に使う「言葉」の表現の仕方について教えていただきました。 「言葉」のがいかに大切か、アートをどう言葉にしていくのかということ フランスの小説家のスタンダールの恋愛論を例に教えていただきました。 つづいて、受講生の企画を例に言葉の選び方、そして言葉の選び方によって企画自体がどうひろがっていくのか、またはその企画がどういう意味をもつのかということをお話ししていただきました。 北村先生は常に、言葉の類義語や反対語、その言葉の英語というのを意識していらっしゃるそうです。 様々な方向からその言葉を考える、客観的にその言葉をみてみるということですね。 北村先生の講義の後から、類義語や反対語をとても意識するようになりました。 企画立案、企画書を作成する、人に伝えるときには必ず言葉が必要なので、 少しずつでも言葉の力を身につけていきたいなあと改めて考えさせられる講義となりました。 北村先生、昨年に引き続きどうもありがとうございました。 次回は、 企画コース・制作コース合同「セルフ・カウンセリング・ワークショップ」です。

特集記事

最新記事

アーカイブ

©︎2020 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle