10/27 合同「グループ企画と前期作品を振り返る」

10月27日、Think School前期展の最終日ですが、 この日は会場であるなえぼのアートスタジオにて 制作・企画コース合同の授業を行いました。 今回は、前期の振り返りがテーマ。 制作コースは展示作品について、「〇〇を考えて作った」、 「作ってみたけど、ここがまだ悩んでいる」という話を。 一方で、企画コースは、チーム課題について、 「この部分について詰めが甘かった」、「もっとこうしたかった」などなどを 発表してもらいました。 発表に対しては、都度、担任(?)のような存在でもある、 事務局の今村さん・高橋さんがツッコミ、アドバイス、質問を投げかけます。 生徒からも都度質問が飛びます。 今回は、制作コースと企画コースが入り混じっての授業でした。 制作コース生の、自作説明です。 制作コースの面白いところは、 言葉や考えが、企画コースよりもずっと、生々しいところ。 作品制作においては、自己の本質的な部分を抜きにはできないので、 必然かもしれませんが。 ただ、その生々しさ、リアリティみたいなものは、 企画を作るときにも重要な要素なんじゃないかなと思ったり。 反面、企画コースの発表は、 やはり、人に伝える技術があります。 お互いに良い刺激だなあ。 ただ、スクールとしてはまだ中間地点。 11月からは、後期授業があり、最後には卒業企画+卒業作品展示が控えています。 何かをつくって考えたこと、あとから分かったことは、 何事にも変え難い財産です。ぜひぜひ、このフィードバックを大事にして、 次へ次へとつなげてほしいですね。 なお、授業後はあらためてお疲れ様会をしました。 みなさん、前期のことをバ

さっぽろアートステージにて、出張Think School開催!

アートやまちづくりを学ぶ[シンクスクール]が、アートステージのチ・カ・ホ会場へ出張します!! 「出張シンクスクール」では、卒業生・現役生の見たい!聞きたい!聞いてほしい!という思いから、普段は教室の中で行われているアートやまちづくりを知ることができる「シンクスクール公開講座」と、「シンクスクール2018年度制作コース選抜作品展」を開催します。アートやまちづくりに興味・関心のある方はぜひご参加ください! 【シンクスクール公開講座】 ●アートの入口編「はじめまして、現代アート」 講師|筧 菜奈子(美術・装飾史研究者) 日時|11月11日(日)14:00〜|チ・カ・ホ 北2条広場(西) 関連記事はこちら ●まちづくりの入口編「まちのひとと作り育てる、まちの居場所」 講師|飯石 藍(株式会社nest取締役/公共R不動産コーディネーター) 日時|11月23日(金・祝)14:00〜|チ・カ・ホ 北2条広場(西) 関連記事はこちら 講師プロフィール 筧 菜奈子|1986年千葉生まれ。京都大学大学院博士(人間・環境学)。美術史研究者。専門は20世紀美術史、装飾史。研究と並行して、イラストなどの制作も手がける。著書に『めくるめく現代アート』(フィルムアート社、2016年)。現在、岡山大学、関西大学、京都精華大学ほか非常勤講師。日本学術振興会特別研究員。 飯石 藍|遊休化した公共施設・公共空間の活用・マッチングを進めるためのメディア“公共R不動産”に立ち上げから参画し、現在はメディアの運営だけでなく自治体からの公共空間活用に関する相談・企画・コーディネートも実施。全国各地のまちで公共空間活用に関す

10/20 企画コース公開プレゼン(白鳥さん、酒井さん、細川さん、三橋さん)

10月20日後半は、 札幌駅前通まちづくり株式会社より白鳥健志さん、 まちづくりプランナーの酒井秀治さん、 札幌国際芸術祭事務局マネージャー/コーディネーターの細川麻沙美さん、 北海道教育大学岩見沢校 美術文化専攻 教授 の三橋純予さん、 を講評者にお招きし、企画コースの課題プランについて、公開プレゼン。 そして、その後、各人より講評の言葉をいただきました。 まず、はじめに驚いたのが、どこのチームも かなり、かなり!発表内容がブラッシュアップされていたことです! みんな、授業の時には、見せなかったイメージ図を追加してきたり、 前回の鎌田さんの授業が効いたのか、スライドも情報を詰め込まないで、 枚数を増やしたりと、 飽きさせない工夫が見られました! すごい、進歩です。。。 講評の4人からも、おもしろい発表だったとお褒めの言葉をいただいていました。 とはいえ、4人の講評者も疑問に感じるところや、 読みが甘いのではないか、というところは鋭く突いていきます。 ここは、さすが長年現場で活躍されている方だけあって、 はっとするようなコメントも数多くいただきました。 予算に関することや、プロジェクトの見せ方に関すること、 まさに生の言葉だなあとしみじみ思いました。 細かい部分に、粗さがあったり、現実的でないような部分もありましたが、 全体を通して、半年間の頑張り(というか、ラスト1−2週間での追い上げ)が感じられた とても実りある時間だったと思います。 そして、最後には、 優秀賞の発表があり、今回はAチームとCチームが同率1位となりました。 事前の下馬評をくつがえし、お見事でした。発表も素

10/20 制作コース前期展 公開講評(端聡さん、川上大雅さん、宮井和美さん)

ついにやってきました、Think School前期展。 この日は、講評者として、 美術家/アートディレクターの端聡さん、 札幌北商標法律事務所/salon cojica代表の川上大雅さん、 モエレ沼公園学芸員の宮井和美さん をお招きし、作品についていろいろな意見・講評をいただきました。 あらたまって、しっかりとした講評を受けるのは、初めての人もいます。 みんな緊張気味の様子でしたが、3人の方にはあたたかく、時にきびしく指摘してもらいました。 また、当日は、Think School卒業生のほかにも多くの方にお越しいただきました。 本当にありがとうございます・・・! なえぼのアートスタジオという展示には十分すぎる場所で、 かつ、これだけの人に囲まれながら、 作品を見てもらえる、アドバイスをもらえるというのは、本当に恵まれてますね。 羨ましい限りです。 また、一人が「おもしろい!」 と思っても、別の人が「いや、ここが甘いのでは?」と 違う意見がぶつかりあうのが講評のおもしろいところ。 この日も、三者三様、いろいろな意見が出ていました。 アーティスト、ギャラリスト、学芸員というそれぞれ違ったバックグラウンドから コメントをもらえる点もとてもよかったと思います。 言葉で自作を説明するのも、大事なスキルですね。 絵画、彫刻、ファウンドオブジェ、写真と、本当に見応えのある展示になったのではないかと思います。 生徒自身も、たっぷり講評をもらい、次の制作に繋がったんじゃないかな。 展示は、10月27日までやっているので、みなさんぜひご覧ください!

10月20日(土)THINK SUPER MARKET 開催!

今年も、Think Schoolの中間発表展がはじまります! 企画コース生は、「プロジェクトってなんだろう」「どうすれば意義ある企画になるだろう」と、また、制作コース生は「作品ってなんだろう」「どうすれば自分の表現したいことに辿り着けるだろう」と半年間悩んできました。 その成果を、もがいた軌跡を、ぜひ目撃してください! ※企画コース生のプレゼンは、10月20日(土)のみ、制作コースの展示は、20(土)、21(日)、27(土)の3日間のみです。会期、日程にご注意ください。 ---------------------------------------------------------------------------------- 【概要】 ●制作コース公開講評会 |10/20(土)13:00〜15:00 ●企画コース公開プレゼン|10/20(土)15:30〜17:30 ●オープニングパーティ |10/20(土)18:00〜20:00 ◎制作コース前期展|10/20(土)、21(日)、27(土)12:00〜20:00 会場|なえぼのアートスタジオ|札幌市中央区北2条東15丁目26-28 [制作コース]荒木謙吾、岩城央子、岩﨑麗奈、川原里奈、小里純子、田岸伸一郎、玉置雄大、内藤真実、成瀬優里奈、ぴゅーてぃ〜、楓月まなみ、山﨑愛彦、鷲尾幸輝、和島ひかり
 [企画コース]荒井純一、梅津一美、小川史洋、加藤ちろる、金子亮、川内喬太、篠原ゆかり、鈴木大介、高橋有里、髙橋由珠、高松希、常松剛、馬場あさひ、濱田智紀、槙亜侑美、松尾澪、三上智史、和島ひかり [制作コース講評者]川上大

No Maps +Think School +Takahashi Kiyoshi 「TANUKI 5 Sound Explore」

あのNo MapsとThink Schoolのコラボレーション企画です! TANUKI 5 Sound Explore まちの音を探し、魅せ、伝える 料理を作る美味しそうな音、ものを売る商店主の威勢のいい声、楽し気な笑い声、興味をそそられるものづくりの槌音、雑踏の中で賑やかさを演出する爽やかなBGM など…、本来、商店街の音とは、その街の個性を表出し沿道店舗の特徴を引き出すものです。 このような潜在的に都市に存在する「音」に耳を傾け、オブジェやバッヂに視覚化することで、賑やかで居心地のよい誰でも参加できる「街のリビング」が狸小路商店街にあらわれます。 商店街の音やそこから発生する感情を「スタンドサウンド」や「擬音バッヂ」 として、アートとまちづくりの学校「Think School」卒業生&在校生と一緒に、講師のアーティスト高橋喜代史がまちの音をカタチにします。 期間中来場してツイートしたら、擬音バッジをプレゼント!狸小路がもっている個性あふれる「音」を世界に発信しましょう! 日 時|2018年10月10日(水)~14日(日) 15:00~21:00 会 場|狸小路商店街5丁目 「ノーザン・ビュッフェ・レストラン華」前 参加費|入場無料 主 催|No Maps 実行委員会 企 画|Think School(札幌駅前通まちづくり株式会社)、 一般社団法人PROJECTA

10/6 企画コース「プレゼンテーションを学ぶ」(鎌田順也さん)

10月6日、この日の企画コースは アートディレクター/グラフィックデザイナーの鎌田順也さんを招き、 「プレゼンテーションと何か」についてレクチャーいただきました。 鎌田さんは、これまでに数々の企業ブランディングを手がけており、 その仕事は多岐にわたります。 さまざまな企業へ、アピール、プレゼンする際の ポイントや事例を たくさん話してくださいました! ただ、、、残念ながら、その内容について、ここではご紹介できません。。。。 お話をうかがった印象としては、現状の問題把握・設定、 そして、そこから方向を定めてデザイン、概念、イメージを決めていくまでの過程が とても細やかで丁寧になされているということ。 言われれば確かにそうだよな、と思うのですが、 なかなか、それをデザインの段階で、きっちり詰めていくというのは並の作業ではありません。 生徒のみんなもじっくり聞き込んでいます。 鎌田さんのプレゼンスキルは、さすがの一言。 今回、こういった形で仕事の一旦を紹介いただけたことは、本当に良い経験ですね。 さて、その後は、各チームの課題プランに対するアドバイスです。 少しずつ、少しずつ、進んできてはいますが、 まだ詰めの甘いところもちらほら。 また、講師の方によって、視点や考え方が違うので、 時にはアドバイスが全然違ってくることも。難しい。。。。 どこか1本軸を据えて、アドバイスを反映できると良いのかもしれないですね。 スライドをちらっとお見せします。 こういった形で、課題や現実問題に即して、企画を考えていくのです。 さて、次回はいよいよ本番の発表。 期待と不安でいっぱいですが、ご期待くださ

10/6 制作コース「作品を考える」(高橋喜代史・今村育子さん)

10月6日の制作コースは、Think School事務局であり、 アーティストとしても活動する高橋喜代史、今村育子さん の2人によるチュートリアルです。 前回に引き続き、中間展直前の今回は、 みんなから制作の進捗報告と、プランについてのアドバイスを行いました。 生徒それぞれ、制作歴や、興味、手法などはさまざま! その人の状況に即した形で、アドバイスを行なっていきます。 展示目前ということで、ややピリピリした雰囲気に包まれております。 ドローイングを見せながら、「こうしたい」「こういう意図を伝えたい」などなど。 写真資料を片手に、サイズ、素材などをビジュアルで見せていくことも重要です。 今後、展覧会で発表するときにも、必要な経験です! なお、前期のスクールでは様々な手法を体系的に学ぶカリキュラムとなっているので、 授業を通して、「自分は映像がしっくり来た」とか、 「彫刻がおもしろかった」という感覚をもとに、 今後の制作手法を決めたりします。 さてさて、いろいろなビジュアルが並んでいますが、 本番の展示ではどのような作品が出来上がるのでしょう。 乞うご期待!

特集記事

最新記事

アーカイブ

©︎2020 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle