2/23 「アーティストの基礎講座」(天野太郎さん)

2月23日の制作コースは、 2020年札幌国際芸術祭の企画ディレクターである、 天野太郎さんがスクールに来てくださいました。 この日は、専業アーティストとして生きるうえでのかなりリアルな内容。 美術の環境が変わった現代において、アーティストはどうすれば良いのか? というお話でした。 海外の美術館のコレクションの現状や、 ギャラリーと美術館の関係性などなど。 さまざまな現場に足を運び、実際に見聞きした情報が ベースとなっている天野さんのお話は 非常に、リアリティがあります。 アーティストを真剣に目指す人にとっては、 自分の制作と地続きの内容で、かなりタメになったのではないでしょうか。 やや難しい部分もありましたが、時間をかけてじわじわと効いてくるような 重みを感じました。 また、後半のアドバイスの時間では、さすがの慧眼! その日はじめて目にする生徒たちの作品に対して、 より深いところの理解や考察を促すようなコメントをいただきました。 スクールでは、道外講師の方から作品について アドバイスをいただく機会を設けていますが、 そのたびに地方ではなかなか得られない 美術における第一線のリアリティを感じられるのが良いですね。 また、いろんな評価に対して生徒たちが生身でぶつかっている瞬間は、 とてもワクワクします。 講評含め3時間超えの長丁場でしたが、あっという間の講義でした。

2/23 「プレゼンテーションを学ぶ」(佐々木信さん)

本日の企画コースは、3KG代表であり、 デザイナーの佐々木信さんによる授業。 札幌市交通局のICカードSAPICAや、 AIR DOのマスコット「ベアドゥ」のデザインなどを手がけられた方です。 若いころは、とにかくかっこいいデザインを求めていたけど、 だんだんと経験を重ねるなかで、それだけではダメだと気づいたそうです。 それに伴い、フォントの大きさなども次第に変わってきたというのは なんだか面白いなあと思いました。 また、バンドのような感覚で始めたという、3人のデザインチーム「3KG」。 そこから、「D&DEPARTMENT HOKKAIDO」というストアをはじめたことで、 地域や身の回りのことに興味がわいてきた、という 仕事の遷移はとても興味深いものでした。 そして、後半はいつものように企画プランに対するアドバイスの時間。 企画コースは、卒業展示で、企画のプランを ポスター状にまとめたものを発表します。 各受講生の作る企画プランについて、 レイアウトや見せ方・魅せ方という視点からコメントをもらいました。 アドバイスの中で、「はっ」としたのは、 まずはシンプルに分かりやすく 見せたいもの・テーマを中央や上下左右のいずれかに置くことが大前提とのこと。 もっと小技の効いた話が出てくるかと思いきや、 いたってシンプルで明快。 でも、佐々木さんの仕事を見ていると、 そのマインドが随所に見え隠れしていて、 あらためて目から鱗の授業でした。

2/9 「作品のアドバイス」(今村育子さん、高橋喜代史さん)

2月9日の制作コースは、 事務局 今村さん、高橋さんによる 作品プランについてのチュートリアルでした。 まず、冒頭では高橋さんからのミニレクチャー。 我々が住む札幌を例に、 現代アートの置かれている状況、とりまく環境について お話していただきました。 知っているようで知らないギャラリーの種類、 アートフェア、美術館のことなどを概観します。 これまで、あらためて語られることがなかったのですが、 案外、企画コースの人達にも聞いてほしい内容でした。 そして、この日も後半は作品プランのチュートリアル。 実際に卒業作品の試作を授業に持ってきて説明したりもします。 1年を通して、事務局の二人(今村さん、高橋さん)が 制作の経過を見てくれているので、 前期からジャンプアップした点を指摘してくれたり、 反対に制作の意図や動機が明確でないものには、 厳しい意見も飛びます。 講義を聞いてインプットすることと、 自分の作品としてアウトプットすることでは、 使うエネルギーが全然変わってきます。 ここでどれだけ粘って考え、試行錯誤するかで 最終的に出来上がるものも変わってくるはずです。 講義や、チュートリアル、また、自分自身の分析・考察を通して、 より良い作品を目指しましょう。

2/9 「まちづくりとは何か」(神長敬さん)

2月9日の企画コースは、株式会社KITABAより神長敬さんをお招きして、 あらためてまちづくりに関するレクチャーを行なっていただきました。 芸術祭やモエレ沼、芽室町の事例など 実際の現場で経験を積んでこられたリアリティが 説明からは感じられました。 途中、おにぎりの具や朝ごはんのおかずを例に挙げ、 みんなが持っている共通の事柄であっても イメージするものがそれぞれ異なるんだ、ということを再確認しました。 また、後半からは2人1組になって、お互いの企画プランについて、 なぜ?なぜ?と質問をぶつけあうブラッシュアップタイム。 少しいじわるになって、「なぜやるの?」「なぜそれを選んだの?」と 質問をぶつけあい、各自が持っている課題が本当に正しい方向に進んでいるのか。 「実は本当のゴールや目的は別にあるのでは?」 ということを考えていきました。 やはり、どうしても一人では詰め切れない部分がある。 そこを第三者の目線でツッこんでもらう、とても良い時間でした。

特集記事

最新記事

アーカイブ

©︎2020 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle