6/20 絵画論(制作・山本雄基さん)

今年度はコロナ禍にも負けず、12名もの生徒が集まっているシンクスクール制作コース。年齢層も幅広く今後どのようにお互いを刺激しあっていくのか楽しみです! さて、そんな制作コースの専門授業は6/20が初。 この日は、毎年、講座をお願いしている山本雄基さんによる絵画論。 山本さんは、絵画や美術に対してとてつもない愛情と熱量をお持ちの札幌を代表する画家で、 なえぼのアートスタジオを拠点に制作活動をされています! 山本雄基WEBサイト なえぼのアートスタジオWEBサイト そんな山本さんの授業ですが、はじめは事前課題として出されていた「身のまわりにあるおもしろい形」を写真に撮ってくるというもの。 ひとえに「おもしろいかたち」といっても、人によって感じ方や捉え方はさまざま。 造形的な面白さ、色やバランスのおもしろさ、連続するリズムなどなど。 その後、その延長にある作品として、山本さんからエルズワースケリーの作品を紹介いただきました。 簡単なところからはじめて、その先にこんなアーティストの作品がある、という発見はおもしろいですよね。 そして、授業の本題では、「えんぴつ、練りゴム、ケント紙のみんな一律の素材でおもしろいものをつくる(制限時間10分)」というひらめきや瞬発力勝負の課題が出され、これが本当におもしろい! こんなシンプルな課題だからこそなのでしょうか、 みんなの気質や特性、興味・関心を引き出していて、 すでに今後の発展や制作の方向性が垣間見えた気がしました。 「材料をシンプルにすることで、要素を少なくすることで、まず手が動く」という山本さんのお話もとてもグッときました。 その他、絵の具

6/20 まちづくりとは何かを考える(企画/酒井秀治さん)

6/20はいよいよ、各コースに別れての専門的な授業。 この日は、この先、全5回にわたって企画コース生の皆さんと並走してくれる、 まちづくりプランナー酒井秀治さんによる授業でした。 はじめはまず、あらためて自己紹介から。 シートに自分の過去・未来・仕事・プライベートを縦軸と横軸で分けて考えて記入し、 それをもとに発表。 6/6の初回授業でも、オンライン状態で自己紹介を行いましたが、 皆さんがふだん、何をしているか、考えているかが整理され、また新たな一面が見えて良いですね。 (サウナ好きな方、カワウソの顔が見分けられる人などなどいろいろな人がいておもしろいです。) なお、この日の授業は、 酒井さんから、この仕事にかかわった原体験についてや、まちづくりの事例紹介、 まちづくりを考えるうえで重要な4つの視点など概論的なお話をしていただきました。 また、酒井さんといえば、これを抜きには話せません。 都心のビル屋上を利用した養蜂プロジェクト「さっぱちプロジェクト」です。 どうしてさっぱちができたの? どういう目的ではじまったの? といった成り立ちやいろいろなエピソードをクイズを交えて、お話いただきました。 業では、そのほか、A4コピー紙30枚でどれだけ高いタワーを作れるかを競うグループワーク「ペーパータワー」や、月に不時着してしまった宇宙船員になりきって、生存に必要な15の所持品のランク付をするディスカッション「月に迷ったゲーム」を行いました。 みんなでわいわい盛り上がりながら、チームを作る楽しさ、チームで協働するおもしろさを学びました。 今年度は企画コース生が5名と少ないですが、 その分

6/13 現代アート入門講座(合同/高橋喜代史さん)

6/13は、スクール2回目となる授業。 シンクスクール主任講師 高橋喜代史さんによる合同講座「現代アート入門講座」でした。 今年度の受講生の皆さんは、大学で美術を学んでいる・学んでいた方もいれば、アートに興味はあるけどちゃんと学んだ経験はないという方や「現代アートってなに?」という方もちらほら。 そんな方に向けて、まずは、現代アートってそもそも何だろう、どんな表現があるのか、どういう意図や背景があるのか、ということを作品事例(アンディーウォーホルや、ヨーゼフボイス、ジェームズタレル、フェリックズゴンザレストレスをはじめ、近年台頭している作家として、ジョーダンウルフソンやエドアトキンスなど)をもとに紹介しました。 授業では、レクチャーのほか、簡単なグループワークとして、 良い作品ってなんだろう?を考えるディスカッションも行いました。 はじめて現代アートに触れた人にとっては、もしかすると、頭の中に「?」がたくさん並んだ方もいるかもしれません。 でも、講座の中でもお話がありましたが、「自分の気になったところ」や「なんだか引っ掛かるなぁと思うところ」から、少しずつ興味を掘り下げていくことが、アートを楽しんだり、新たな知識や他人の考え方を理解することにつながるんじゃないかなーと思います。 授業後の感想では、なんだかわからないけどある作品がすごく印象に残った、と書いてくれた方もいて、そういう小さな引っかかりや気づき、もやもやした感覚というのをこの先も大事にしていってほしいなあと思いました。 また、この日は企画コースと制作コースが混ざった合同授業だったため、 ディスカッションの際に自分は見る

シンクスクール2020 開講!!(6/6合同オリエンテーション)

今年度は、コロナの影響もあり、一時、申込者数が伸び悩んでいましたが、 蓋をあけてみれば、そんな状況をものともしないやる気に満ち溢れた生徒さんが集まり、 企画コース5名、制作コース11名の総勢16名で 2020年度シンクスクールがスタートいたしました! (授業中の会場のようす) 今年は、受講されている生徒さんの年齢や興味・バックグランドも多様で、 一年をかけて皆さんがお互いに意見をかわしながら、どのような企画・作品を作ってくれるのか、 今からとても楽しみです。 さて、昨日行われた合同オリエンテーションのようすをブログでは、 ちらっとご紹介します。 (芳村さんによるあいさつ・レクチャー) この日は、スクールの主催である札幌駅前通まちづくり株式会社の 代表取締役社長 芳村 直孝さんから、 「まちづくり会社ってどんな会社?」「どんなことをしているの?」という概要をお話いただいたのち、 年間の授業についての説明、また、事務局の主任講師(担任の先生的なポジション)高橋さんから 「新しく始めるための助走」として1時間ほどのレクチャーを実施しました。 この日はシンクスクール初のオンライン配信の授業ということもあり、 いつもの授業とはちょっと違ったようす。 教室には、カメラが2台、マイクも数台、写真には写ってませんが、 前の方にはケーブル類の配線がならんでおり、Zoom配信や機材操作用のPCを横につけての実施。 いろいろ初めてづくしで事務局メンバーも緊張気味のスタートとなりました・・・! (授業中のZoom画面/生徒の皆さんにはスライドをメインに見てもらい、講師の先生の顔をワイプで見てもらえる

特集記事

最新記事

アーカイブ

©︎2020 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle