8/22 企画「10本の柱でおさえる!プロジェクト計画書のまとめ方」(講師|入谷聡さん)

8/22の企画コースは、株式会社ロフトワークより クリエイティブディレクターの入谷聡さんをお招きして、 プロジェクトマネジメントについて講座を実施いただきました。 まずはじめに、プロジェクトって何?という定義についてのお話。 期限があり(有期性)、オリジナリティがある(独自性)ことがプロジェクトと入谷さん。 そう考えてみると、身の回りでも 「プロジェクト」といえるものがいろいろありそうですね。 そして、上記を前提としてプロジェクトを計画する上で必要な10の知識体系について、 方法論的な部分を外観していただきました。 もともと、プロジェクトマネジメントは、宇宙開発の現場で使われていた管理手法。 ミスが許されないような現場でどのように、プロジェクトを成功に導くか、円滑に進めるか、 というものなので、どういう項目を抑えておけば、ミスが起きないか、 ということがかなり体系的に作られています。 これから企画を立てる受講生の皆さんには、まさにうってつけのレクチャーですね。 そして、後半からは、自分なりに「プロジェクト」だと思うものを挙げて、 必要な項目を埋めながら、プロジェクトの流れや意義・意図を 擬似体験してもらうワークの時間。 生徒さんの例では、「ともだちの誕生会」をプロジェクトと捉えていたりして、 そうやって身近なところから始めるのは、自分ごととして考えられて良いなあと思いました。 そのほかにも、今現在、仕事で実際に関わっているプロジェクトを挙げて、 具体的な疑問や問題について質問されている方も多くいらっしゃいました。 皆さん、わかってはいても、実際のプロジェクトでは、そこまで、 体

8/22 制作「映像論」(講師|伊藤隆介さん)

8/22の授業は、映像作家の伊藤隆介さんを迎えて、「映像」の授業。 前半は、過去の巨匠、作家の作品を鑑賞しながら、映像の歴史や種類について外観し、 後半からは、受講生へ事前に出された課題「生活と意見をテーマにした映像作品」の 講評を行いました。 近年、TV以外でもyoutubeなどの動画メディア、 また、さまざまな動画配信サービスがあふれていたり、 スマートフォンでも気軽に高精細な映像が撮れるようになったりと、 映像をとりまく環境は大きく変わりました。 でも、映像誕生の初期を紐解くと、 あらためて、映像を通して人々がどんなことに興味を持ち、発見し、 表現してきたのか、そんなことが垣間見えます。 授業では、シュールレアリスムの作家マヤ・デレン、 オスカーフィッシンガーによるアニメーション、 アメリカ実験映画の巨匠スタンブラッケージの構造映画などを紹介いただきました。 どれも、今見ても色褪せない視点や、表現の奥深さや強さを感じます。 最近では、動画サービスを通じて、過去のマスターピースが気軽にみれたりするので、 ぜひ、いろいろ巨匠の作品を調べて自分なりに考察してみるのも良さそうですね。 さて、後半からの課題講評では、 「生活と意見」というテーマだけあって、 皆さんが普段から考えていること、思っていることが 何気ない日々の営みの中から表現されていて、 どれ一つとして同じものがない、バラエティ豊かな作品が並びました。 (授業では、課題の鑑賞とあわせて、生徒さん一人ひとりに 制作意図や思ったことを話してもらいます。) 自分自身を被写体として撮影する人、趣味のガーデニングのようすをカメラに

8/1 制作「写真論/課題の講評」(講師|露口啓二さん)

8/1の制作コースは、北海道を代表する写真家の露口啓二さんをお招きして、 写真史についての基礎的なレクチャーと、 事前に発表されていた課題|「今」をテーマにした写真を10枚以内で撮影する。 の講評を行いました。 前半のレクチャーでは、マネやジェフウォールなどを引用しながら、 両作品の比較、絵画と写真の関係、 また、いくつかの写真の潮流についても触れながら、 お話いただきました。 人とカメラの目線の違い、写真の捉え方、美を感じるポイントなど、 普段何気なく使っているカメラですが、こうしてみると、いろいろな捉え方、 見方ができておもしろいですね。 そして、後半からは受講生のみんなが提出してくれた写真の講評タイム。 講評とはいえ、 「作品の良し悪しをここで言うつもりはなく、 道具としての写真って何?ということを少しずつ明確にする作業と考えてほしい」 と露口さん。 受講生のみんなが提出してくれた写真は、本当に三者三様。 それぞれの視点やものの見方、考え方の違いが現れていて、大変おもしろいものでした。 ある人は、日常の機微を写真に撮っていたり、 普段絵を描いている人は、絵描き的な視点で写真を捉えていたり、 飲みものをコップに注いでいる様子を撮っていたり、 はたまた、自分が浴室で溺れている様子を撮っていたり、などなど。 露口さんからも、 「背景や、無意識にうつるものをどう捉えるか」 「いろいろな意味で、写真であることの意味を考えてみる」 「美的に美しい・おもしろいを乗り越えて、その先を考えねばならない」 など重要なキーワード、アドバイスが飛び交いました。 昔と違い、今は、簡単にスマートフォ

8/1 企画「社会や個人の関心から企画を考える」(講師|酒井秀治さん)

8/1の企画コースは、いよいよ、 個人の課題シートをもとに企画のタネ出しを行いました。 今年度の企画課題は、「社会や個人の関心から企画を考える」。 受講生のみんなには、事前に自分の中の 社会的な関心と、個人的な関心をピックアップするためのシートを渡しています。 授業当日はシートをもとに各自発表してもらい、 事務局メンバーと講師の酒井秀治さんからいろいろと質問。 質問に答え、時にはどうしてだろう?と考えながら話すことで、 それぞれの関心について深く考えて掘り下げるという作業です。 みんなの話を聞いていておもしろいのは、 例えば、良い企画をつくろう!社会のためになるような企画にしよう!と 一生懸命社会的な関心を話してもらうのですが、 結局、元をたどると本人の一番やりたいことや関心は 身近な趣味のことだったりすることです。 勿論、プロジェクト(=企画)を考える以上、 独自性や社会性はある程度必要かもしれませんが、 個人的な趣味や好きなことからでも、企画は始められます。 むしろ、話を聞いていると、そういった趣味や好きなことのほうが、 本人の熱量やパーソナルな部分がどんどん出てきて、 それこそ、その人にしかできない企画の種になるのではないかなぁと 思う瞬間が多々あったりします。 また、社会的な関心という点でいうと、 コロナ禍による考え方の変化がみなさんあったようで、 こんな時代だからこそ生まれるテーマも今後出てきそうでとっても楽しみです。 まだまだ個人で企画を練る作業はこれが1回目。 引き続きじっくり考えてもらいたいですね。 20年度は受講生が少数なこともあり、一人ひとりに話をしてもら

特集記事

最新記事

アーカイブ

©︎2020 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle