2018年度 制作コース

※2019年度カリキュラムは近日公開の予定です。

-------------------------------------------------------------

​制作コースカリキュラム

-------------------------------------------------------------

※合同:企画コースと制作コースの合同授業

​前期

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

5月26日(土)1 .「楽しくまちづくりを知るワークショップ」※合同
白鳥健志|札幌駅前通まちづくり株式会社
札幌市勤務を経て、2010年まちづくり会社に入社。2015年から現職。公共施設(札幌駅前通地下広場、札幌市北3条広場)を活用し、事業収益をまちづくり活動に充てるなどのエリアマネジメントに取り組む。公務員時代からまちづくり活動に携わり、現在は「NPO法人えべつ協働ねっとわーく」の顧問、「NPO法人コンカリーニョ」の理事等を務める。
内川亜紀|札幌駅前通まちづくり株式会社

茨城県生まれ。2007年、東京藝術大学大学院美術研究科修了。

同大学院文化財保存学専攻教育研究助手を務め、歴史的建造物の保存・活用に関する調査活動などを行う。都市計画コンサルタントを経て、2010年9月の「札幌駅前通まちづくり株式会社」設立時より勤務し、2015年より現職。札幌駅前通地下広場及び札幌市北3条広場といった公共空間の運営を行うとともに、札幌駅前通地区のエリアマネジメントに携わる。

​5月26日(土)2 .「新しく始めるための助走」※合同

 

今村育子|アーティスト/札幌駅前通まちづくり株式会社
1978年札幌生まれ。2006年より日常の中にある些細な光景などをモチーフにインスタレーション作品を制作。2011年より札幌駅前通まちづくり株式会社へ入社、33歳で生まれて初めて会社員となる。主に「シンクスクール」「PARC」「さっぽろユキテラス」「テラス計画」の企画や、まち会社主催事業のデザインを担当している。
高橋喜代史|アーティスト/一般社団法人PROJECTA
1974年北海道生まれ。言語とコミュニケーションに関する作品を制作している。近年は、他者との距離や境界について考察する映像インスタレーションなどを発表。ニュージーランドや北アイルランドでの個展、カナダや中国でのグループ展など札幌を拠点に国内外で活動を展開。2012年より大通地下ギャラリー500m美術館、札幌駅前通地下歩行空間での[PARC]など展覧会やアートプロジェクトの企画運営も行う。2015年一般社団法人PROJECTAを設立。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

​6月2日(土)「絵を描いてみよう 」

山本雄基|画家
1981年帯広市生、画家。2007年北海道教育大学大学院修了。2012-13年札幌市文化芸術振興助成金によるベルリン滞在。現在札幌在住。主な展覧会に、山本雄基展(板室温泉大黒屋/那須塩原,2015)、作品展(ギャラリー門馬/札幌,2016)、Multifaceted Acts(MIKIKO SATO GALLERY/ハンブルグ,2015)、VOCA展2014(上野の森美術館/東京,2014)、道東アートファイル2013(帯広美術館,2013)、など。主な受賞に、第5回大黒屋現代アート公募展大賞(板室温泉大黒屋/那須塩原,2010)など

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

​6月16日(土)1.「いま、求められるアートマネージメントとは?」※合同
                          2.「わかりあえないことからはじめるワークショップ」※合同

平田オリザ|劇作家/演出家

1962年東京生まれ。劇作家、演出家。こまばアゴラ劇場芸術総監督、劇団「青年団」主宰。城崎国際アートセンター芸術監督、

大阪大学COデザインセンター特任教授、東京藝術大学COI研究推進機構特任教授、四国学院大学客員教授。

1995年『東京ノート』で岸田國士戯曲賞受賞。2003年日韓合同公演『その河をこえて、五月』で、第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。

2011年仏国文化省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。全国自治体との関わりも多岐にわたり、豊岡市文化政策担当参与、岡山県奈義町教育・文化まちづくり監もつとめる。

撮影:青木司

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

6月30日(土)「課題の講評 」
山本雄基|画家

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

7月7日(土)「写真を学び、街の写真を撮る」チャームポイント5※合同

酒井広司|グレイトーンフォトグラフス有限会社代表/写真家

公益社団法人日本写真家協会会員/札幌大谷大学非常勤講師

1960年余市生まれ、札幌在住。1970年代より北海道を撮影対象に写真を制作。主なシリーズは「偶景/SightSeeing」、「北海道の旅」、「そこに立つもの」1980年東京工芸大学短大部写真技術科卒、同年、第1回フォックスタルボット賞入賞。1984年より札幌にて個展や企画展などに多数参加。2014年第30回写真の町東川賞特別作家賞受賞。同年、第1回札幌国際芸術祭連携企画展「表出する写真、北海道」参加。2016年北海道文化奨励賞受賞。2017年第2回札幌国際芸術祭公募企画展参加。同年、個展「山に行く」北海道文化財団ギャラリー

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

7月21日(土)「アートプロジェクトを考えよう 」
磯崎道佳|アーティスト
様々な表現形態を通し、誰もが持つ好奇心を引き出すことで、新しい視点を発見する場を制作している。1968年水戸市生まれ。1996年多摩美術大学大学院修了。2001年P.S.1/MoMAインターナショナルスタジオプログラムに参加(NY)。現在北海道在住。主なプロジェクトに、面識のない者同士による手紙の交換を目的とした「パラシュートとマキオ」(2002~)。雑巾で等身大の動物を制作する「ぞうきんぞうプロジェクト」(2004~)。参加者と巨大バルーンを恊働制作する「ドーム/DOMEプロジェクト」(2005~)。「笑う机」(2012~)など。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

7月28日(土)「色んな素材でつくってみよう」​
東方悠平|美術家

1982年札幌市出身。 筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。 

日用品や鉄、水、マスコットキャラクターなど多様な素材を扱ったユーモアのある立体造形物や、ワークショップなどを手がけ、参加者と気づきの場を共有する。フェルトシュテルケ・インターナショナル -東アジア文化都市2017-にゲストアーティストとして参加し、大邱市(韓国)でリサーチワークショップ「Nations」を行った他、「KIITOアーティスト・イン・レジデンス2016」(KIITO|デザイン・クリエイティブセンター神戸、2016年)では大規模な参加型プロジェクト「てんぐバックスカフェ in 神戸」を実施した。個展「死なないM浦Y一郎」(Art Center Ongoing、2013年)や札幌国際芸術祭2017、奥能登国際芸術祭2017等で作品を発表。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

8月上旬「八月祭」都心のお祭りを体験する!(予定)※希望者のみ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

8月18日(土)「コンセプトってなんだろう? 」
浅沼敬子|北海道大学大学院文学研究科 准教授
1975年宮城県生まれ。早稲田大学で西洋美術史を学ぶ。埼玉県立近代美術館、熊本大学文学部勤務を経て、2006年より現職。ゲルハルト・リヒターやヨーゼフ・ボイスに関する研究の他(例: 監修・執筆「ヨーゼフ・ボイス関連用語集」水戸芸術館現代美術センター編『ヨーゼフ・ボイス よみがえる革命』フィルムアート社、2010年)、日本の現代美術についても調査を行う(例: 編著『循環する世界: 山城知佳子の芸術』ユミコチバアソシエイツ、2016年)。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

8月25日(土)「60秒の映像をつくる」ー課題講評ー 
伊藤隆介 |映像作家/美術作家
札幌生まれ。東京造形大学卒業、シカゴ美術館附属美術大学大学院修了。実験映画、ビデオ・インスタレーションなどを中心に制作や発表を行っている。近年の主な展覧会に個展「天神洋画劇場」(三菱地所アルティアム)、グループ展「ジオラマとパノラマ ―DivertingRealities」(京都芸術センター)、「高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.05 見えてる風景/見えない風景」(高松市美術館)など

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

8月26日(日)「キュレーターから作品アドバイス」(予定)
森司|​アーツカウンシル東京(予定)
1960年愛知県生まれ。公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京事業推進室事業調整課長。「東京アートポイント計画」の立ち上げから関わり、ディレクターとしてNPO等と協働したアートプロジェクトの企画運営や、人材育成・研究開発事業「Tokyo Art Research Lab」を手がける。「東京都による芸術文化を活用する被災地支援事業(Art  Support Tohoku-Tokyo)」、オリンピック・パラリンピックの文化プログラムの展開に向けた東京都の文化事業のディレクターを兼務している。
撮影:KazueKawase

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

9月8日(土)「キュレーションを知る」※合同
蔵屋美香|東京国立近代美術館企画課長
千葉生まれ。千葉大学大学院修了。東京国立近代美術館企画課長。おもな展覧会に「ヴィデオを待ちながら―映像、60年代から今日へ」(2009年、東京国立近代美術館 三輪健仁と共同キュレーション)、「ぬぐ絵画―日本のヌード1880-1945」(2011-12年、同)、第55回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館キュレーション(2013年、アーティスト:田中功起)、「高松次郎ミステリーズ」(2014-15年、同、保坂健二朗・桝田倫広と共同キュレーション)、「藤田嗣治、全所蔵作品展示。」(2015年、同)など。2012年から16年まで所蔵作品展「MOMATコレクション」の構成改変を担当。
撮影:森本菜穂子

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

9月15日(土)「作品を考える」ー前期展にむけてー 
今村育子|アーティスト/札幌駅前通まちづくり株式会社
高橋喜代史 |アーティスト/一般社団法人PROJECTA

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

9月22日(土)〜30日(日)「PARC 8」公共空間のアートプロジェクトを体験する!※希望者のみ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

9月29日(土)「作品について」前期展へむけてアドバイス」​
鈴木涼子|美術家
北海道札幌市在住。ジェンダーをテーマに、人間の欲望や社会の歪みに焦点をあてた作品を制作している。2007年文化庁の新進芸術家海外研修員としてドイツで1年間研修。2004年上海ビエンナーレ(上海美術館)、2007年「Global Feminisms」(ブルックリン美術館)、2013年「Body,Being Here」(テグ美術館)などの国際展にも多数参加。第20回東川賞特別賞、第15回道銀芸術文化奨励賞受賞、北海道立近代美術館、東京都写真美術館、上海美術館、他、多くの美術館に作品が収蔵されている。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

10月20日(土)〜11月3日(土)「前期展」

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

10/20(土)前期展「作品を展示する」 作品講評
端聡 美術家/アートディレクター
1960年生まれ札幌在住。美術家として国内外で活動。1995年ドイツ学術交流会(DAAD)の助成によりドイツに滞在。ブレーメン、ヴェザーブルグ現代美術館、ウェーデル・エルンスト・バーラッフ美術館、上海現代美術館ほか国内外で多数の展覧会に出品、1996年「VOCA/Vision Of Contemporary Art」(東京・上野の森美術館)で奨励賞、ブタペスト国際彫刻絵画ビエンナーレ(ハンガリー)で美術教育文化財団賞受賞。2000年札幌ドームにモニュメントを設置。2016年、あいちトリエンナーレ2016に出品。2017年、札幌国際芸術祭に出品。2004年、札幌文化奨励賞。2012年、北海道文化奨励賞。

川上大雅 札幌北商標法律事務所/salon cojica代表

札幌市北区で、札幌北商標法律事務所とギャラリーsalon cojicaを営む。

法律と美術のあいだで活動を続けている。

宮井和美 モエレ沼公園学芸員

1978年、北海道生まれ。札幌市在住。2001年金沢美術工芸大学美術工芸学部美術科芸術学専攻卒業。2003年から現職。

公園という開かれた場での創造活動の可能性を探る。専門はコンテンポラリー・アート。これまで企画、担当した主な展覧会・アートプロジェクトに「札幌国際芸術祭2017 RE/ PLAY/ SCAPE」(2017)、「ひかりの連鎖」(2016)、「吉田夏奈 プルメリアに映る雪」(2015)、「想像の山脈」(2015)、「狩野哲郎 あいまいな地図、明確なテリトリー」(2013)、「佐々木秀明 Droplets Garden」(2013)、「Walking 歩行という経験」(2011)、「イサム・ノグチ あかり展」(2010)、「SNOWSCAPE MOERE」(2005-2012)などがある。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

後期 

--​-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

10月27日(土)「グループ企画と前期展の作品をふりかえる。卒業企画展・制作展について※合同

今村育子|アーティスト/札幌駅前通まちづくり株式会社

高橋喜代史|アーティスト/一般社団法人PROJECTA

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

11月10日(土)「社会を動かすアート」※合同
 
工藤安代|特定非営利活動法人Art & Society研究センター 代表理事

東京生まれ。多摩美術大学卒業、南カルフォルニア大学大学院、埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程を修了。民間企業にて公共/民間組織におけるアート・コミッション事業に携わった後、社会・地域における芸術文化活動の研究活動に取り組み、2009年現法人を設立。プロジェクト型アートのアーカイブ活動や都市の公共空間を活用したプロジェクト等をおこなう。近年はソーシャリー・エンゲイジド・アートに関する研究会や展覧会等を主催。主な著作に『パブリックアート政策』、翻訳書『ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門』等がある。

URL:http://www.art-society.com

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

11月17日〜19日「企画コース、制作コース合同合宿」
※合宿費別途料金
 
久門剛史|美術家

事象の唯一性や永遠性、または個人が持つ記憶や習慣への関心をもとに作品を制作。

近年の主な展覧会に「MAMプロジェクト025:アピチャッポン・ウィーラセタクン+久門剛史」(森美術館、2018)、「アジア回廊」(京都二条城、2017 )、「あいちトリエンナーレ2016」がある。 世界各国で上演されたチェルフィッチュ『部屋に流れる時間の旅』(2016)では舞台美術と音を担当するなど活躍の場を広げている。主な賞歴に「日産アートアワード 2015」ファイナリスト/オーディエンス賞、VOCA 賞(2016)、平成28年度京都市新人賞。平成28年度文化庁「東アジア文化交流使」、平成27 年度京都市芸術文化特別奨励者。「メルセデス・ベンツ アート・スコープ 2018-2020」を受賞しベルリンへ派遣。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

12月8日(土)「観察と手口」作品アドバイス 
 
荒木悠|美術家/映像作家
2007年米国ワシントン大学サム・フォックス視覚芸術学部美術学科彫刻専攻卒業。2010年東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修士課程修了。これまで自己とカメラの関係性を軸に“未知なる領域”を記録しつづけており、自らの胃の中から様々な国の地域までと狭く広く活動を展開中。近年では「誤訳」や「類似」といった概念を映像の造形に応用し、既存の文脈から新たな接点を見出す物語の創出を試みている。主な上映・展覧会に「第47回ロッテルダム国際映画祭」(2018年)、「双殻綱:第一幕」無人島プロダクション、東京(2017年)、「複製神殿」横浜美術館アートギャラリー1(2016)、「岡山芸術交流」(2016年)など。 http://www.yuaraki.com/

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

12月15日(土)「自分のポートフォリオをつくる」 
 
風間天心|美術家/僧侶
1976年、東川町生まれ。2006年、「第9回岡本太郎現代芸術賞」に入選。2008年、武蔵野美術大学大学院を修了。同大学パリ賞により「パリ国際芸術都市」に滞在。大本山永平寺での修行を終え、宗教と芸術の相互作用を求めて国内外で多様な活動を続けている。2015年、「Tokyo Midtown Award 2015」優秀賞。「LUMINE meets ART AWARD 2015」ウィンドウ部門 入賞。2016年、「JR TOWER ART BOX AWARD 2016」グランプリ、「第5回 札幌500m美術館賞」グランプリ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

12月​中旬〜下旬「視察研修旅行に行く!」(予定)※希望者のみ
※別途料金
 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

1月12日(土)「卒業制作展にむけて」

今村育子|アーティスト/札幌駅前通まちづくり株式会社

高橋喜代史|アーティスト/一般社団法人PROJECTA

 
 
1月19日(土)「都市に出て行くアート」 作品アドバイス 
 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

Taturo Amabouz (別名、西野達)|芸術家

1960年、名古屋生まれ。1997年から主にヨーロッパで活動。屋外のモニュメントや街灯などを取り込んで部屋を建築しリビングルームや実際にホテルとして営業するなど、都市を舞台とした人々を巻き込む大胆で冒険的なプロジェクトを発表することで知られる。現在は東京とベルリンを拠点に活動。

「シンガポールビエンナーレ」でのマーライオンを取り込んだホテルプロジェクト「The Merlion Hotel」2011年、NYマンハッタンのコロンブスのモニュメントを取り込んだリビングルームプロジェクト「Discovering Columbus」2012年、「そこまでやるか。壮大なプロジェクト展」での安藤忠雄建築の美術館21_21 DESIGN SIGHT をカプセルホテルに変容させるプロジェクト「CAPSULE HOTEL 21」2017年、など。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

2月9日(土)「アーティスト・イン・レジデンス〜自己プロデュースについて〜」
 

小田井 真美|AIRディレクター/事業設計

広島市生まれ。Trans Artist(オランダ)で文化政策とAIRネットワーキングの研修とリサーチを経て帰国。現在はアーティストの移動のためのポータルサイトMove Arts Japan運営(コマンドN)、VISUAL ARTS

FOCUS(フランス)招聘など国内外AIR事業とその背景に関するリサーチ及びAIR事業設計や環境整備に多数関わる。アートとリサーチセンター及びさっぽろ天神山アートスタジオAIRディレクター。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

2月23日(土)​「アーティストのための基礎講座(仮)」
 

天野太郎|横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員/プログラム・ディレクター

横浜市民ギャラリーあざみ野主席学芸員、多摩美術大学、女子美術大学、国士舘大学、城西国際大学各

大学非常勤講師。北海道立近代美術館を経て、1989年から横浜美術館を中心に国内外での数々の展覧会企画に携わる。横浜トリエンナーレ・キュレーター(2005年2011年※ 2014年※ / ※はキュレトリアル・ヘッド)を務めたほか、『戦後日本の前衛美術』展(1994年)、『ルイーズ・ブルジョワ』展(1997

年)、『奈良美智 IDON’T MIND, IF YOU FORGET ME.』展(2001年)、『ノンセクト・ラディカル現代の写真III』(2004年)、『金氏徹平:溶け出す都市、空白の森』展(2009年)、「石川竜一」展(2016年)、「新井卓」展(2017年)など多数。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

3月9日(土)「作品のアドバイス」
鈴木凉子|美術家
 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

​3月16日(土)〜3月24日(日)「卒業企画・制作展」
 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

3月23日(土)「アート&ライフ:社会における美術の可能性(仮)」「卒業企画/卒業制作 講評」
 
荒木夏実|東京藝術大学准教授
慶應義塾大学文学部卒業、英国レスター大学ミュージアム・スタディーズ修了。三鷹市芸術文化振興財団キュレーター(1994-2002)、森美術館キュレーター(2003-2018)を経て2018年より東京藝術大学准教授。慶應義塾大学非常勤講師。主な展覧会に「小谷元彦展:幽体の知覚」(2010)、「ゴー・ビトゥイーンズ展:こどもを通して見る世界」(2014)、「ディン・Q・レ展:明日への記憶」(2015)、「六本木クロッシング2016:僕の身体、あなたの声」(2016)など。「ゴー・ビトゥイーンズ展」で第26回倫雅美術奨励賞(美術評論部門)、第10回西洋美術振興財団賞を受賞。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

3月30日(土)「卒業企画と卒業作品をふりかえる」修了式​ ※合同

今村育子|アーティスト/札幌駅前通まちづくり株式会社

白鳥健志|札幌駅前通まちづくり株式会社

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------

アイデアをカタチにする4つのステップ

----------------------------------------------------------------------------------------

シンクスクールは、まちづくりやアートの創造性を学びながら、自分の好きなこと、やりたいことを見つける学校です。レクチャー+ワークショップ+ディスカッションで「考える」ことに重点を置いた体験型学習を通して、クリエイティブな考え方を知り、常識や慣習にとらわれず、自らの個性と感性を活かした作品をつくることが目的です。美術史に沿った制作課題を通して、様々な技法や技術を体験し、作品の制作方法を学びます。

​ステップ1(5月〜7月)

知る、見る、学ぶ

絵画・彫刻・コンセプチャルアートなど段階的に学びながら、課題制作で経験を積み重ねます。
また、前期展にむけて、合評会などを通してプランを練っていきます。

​ステップ2(8月〜10月)

体験する、考える

アートプロジェクトや映像インスタレーション、写真などを学びながら、自身の表現について考えます。

前期課題として小作品展を開催し作品展示を経験。美術関係者数名から講評をうけ、卒業制作へのステップとします。

​ステップ3(11月〜1月)

​深める、掘り下げる

映像やパフォーマンス、リサーチベースドアーの手法をとおして、作品の方向性を少しずつ定めていきます。

また、制作合宿を通して自身の作品に対する考えや理解を深めていき、卒業制作の展示プランをまとめます。

​ステップ4(2月〜3月)

制作する、展示する

卒業制作展にむけて作品の制作を進めます。自身の作品が内包するコンセプトを深くほりさげ、講評を受けながら
制作を進めます。卒業制作展で作品を発表しThink School制作コースを修了となります。

講師は2018年3月31日現在のものです。変更する場合あり。

©︎2020 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle