12/8 制作コース「観察と手口」(荒木悠さん)

December 8, 2018

 

12月8日の制作コースは、

近年、映画祭での受賞など活躍がめざましい

映像作家/美術家の荒木悠さんの授業です。

 

 

ただ、ご本人は、最近「film maker」というよりも、

実際のものではなくデータを作る「file maker」のほうがしっくりくる、

なんてことも話されていました。

 

 

僕はこの話が結構好きです。

 

 

 

さてさて、授業の内容としては、

前半で、ご自身の活動紹介を通して作品制作のメソッドや考え方について

話してもらいました。

 

 

過去の作品なども沢山、見せていただきました!

中には、ボツになったむかーしの作品紹介もあり、

「あーー、こういう失敗の上に、今の作品があるんだなあ」と、

勇気づけられました。

 

 

アイデアをひたすら出せば、3割ぐらいは使えるものがあるのではないか、

と考えて学生時代は制作していたという荒木さん。

 

制作コースの皆さんも、この手法はすぐに実践できそうですね。

 

 

 

 

そして、後半は個別のチュートリアルの時間。

受講生のみんなは、あれやこれやと考えや質問をぶつけていきます。

 

 

 

 

全体を通して感じたのは、荒木さんは作品や制作に対して、

とても真摯でまっすぐ正直であるということ。

 

また、悩みながら相談する生徒一人ひとりと同じ目線に立って、

考えてくれていたように感じました。

 

 

荒木さん自身のキャラクターも面白く、かなり内容の詰まった良い時間でした!

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

シンクスクール2020 講師の紹介⑤ 制作コース後編

May 21, 2020

1/6
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ