7月22日酒井秀治さん②「ファシリテーションを学ぶ」

SS計画代表/まちづくりプランナーの酒井秀治さん2回目の授業です!

終始リラックスした状態で授業ができました。

今回は授業を行っているまちづくり会社の目の前に広がる「アカプラ」にフィールドワークへ行きました。和田哲さんの授業に加え、札幌の街中がどのような変遷を経て作られてきたのか詳しくなってきた模様...

江別産の赤れんがの下にはかつて車道として使われていた木塊が埋まっています。


フィールドワークを終えてまち会社に戻ると、グループごとに分かれて「アカプラでできる企画」を考えました。


たくさんのアイディアを一つにまとめていくことはなかなか難しい行為ですが、ファシリテーターやメモに起こしていくグラフィック担当を決めて、短時間で企画にして行きます。

前回のちきりんさんの授業「自分の意見を持つ」ことが生かされている?!


最後は各グループ企画を提案してもらいました。グループワークは一人じゃたどり着けないアイディアに到達できることを実感できたのではないでしょうか?

特集記事
最新記事
アーカイブ