※WEBのレイアウトが崩れる場合はデスクトップ版表示に切り替えて閲覧ください。

2016_0528_k_sakai02_edited_edited.jpg

企画コースカリキュラム

まちづくりとアートマネジメントの手法から企画の組み立て方を学ぶ

​5月28日 15:00 - 18:00 「現代美術をわかりたい人のために、あえて美術の歴史をさかのぼる講座」(合同講座)            

Orientation

​新しい学びの入り口

​2022年
​5月21日 15:00 - 18:00 「オリエンテーション」(合同講座)
​5月28日 15:00 - 18:00 「現代美術をわかりたい人のために、あえて美術の歴         
            史をさかのぼる講座」(合同講座)            
6月11日 15:00 - 18:00 「自分の視点を見つける」(合同講座)
 
ボタン
6月18日 12:00 - 14:00 「まちづくり、協働について」
7月2日   12:00 - 14:00 「停車場通物語―札幌駅の位置が街の構造を変えた―」

Input

7月16日  15:00 - 18:00 「美術展やアートイベントの価値について考えよう」
8月6日    12:00 - 14:00 「共有地の可能性を探る」
8月20日  12:00 - 14:00 「企画の組み立て方」

企画の種を見つける

8月13日(土)     「室蘭アートプロジェクトバスツアー」

​※参加費別途・任意参加になります。

7月23日  12:00 - 14:00 「ファシリテーションを学ぶ」
 
8月27日  15:00 - 18:00 「ふりをすることの可能性」
9月3日    15:00 - 18:00 「企画と制作と著作権」(合同講座)
10月15日15:00 - 18:00 「地方の美術館だから、できること。その工夫。」
10月22日  12:00 - 14:00 「社会活動で仕事をつくる」
10月29日12:00 - 14:00 「プレゼンテーションを学ぶ」
11月12日12:00 - 14:00 「企画とは何か」

Output

企画を卒業展示で発表する

12月3日  12:00 - 14:00 「芸術文化活動における予算のつくりかた(助成金編)」
12月17日15:00 - 18:00 「ソーシャルアクションとしてのアート」(合同講座)
​2023年
1月14日  12:00 - 14:00 「個人のワガママから企画を考える」
1月28日  12:00 - 14:00 「企画の方向性を固める」
2月4日    12:00 - 14:00 「まちづくりとは」
2月18日  12:00 - 14:00 「人に伝わる企画書」
 
3月4日    12:00 - 14:00 「企画を企画書にまとめる」

主任講師のご紹介

1年間を通じてシンクスクールを担当し、講座や受講生の進捗に応じてアドバイスを行います。

 
190525_imamura.jpg

今村育子 

 美術家/札幌駅前通まちづくり株式会社

今村育子 | 美術家/札幌駅前通まちづくり株式会社

1978年札幌生まれ。札幌駅前通まちづくり株式会社企画・デザイン担当/美術家。2006年よりインスタレーション作品を制作し、国内外で展示を行う。2011年より札幌駅前通まちづくり株式会社へ入社し、主に「シンクスクール」「PARC」「さっぽろユキテラス」「テラス計画」の企画や、まち会社主催事業のデザインを担当している。https://www.imamuraikuko.com/

カリキュラムページへ
 
図1 2.jpeg
高橋喜代史 | 美術家/一般社団法人PROJECTAディレクター
高橋喜代史

美術家/一般社団法人PROJECTAディレクター
1974年北海道生まれ。異なる文化や言語を組みあわせることで、境界や領域を考察する作品を制作している。近年は人々の関心/無関心にまつわる映像インスタレーションを発表。主な展覧会として、フランス、ニュージーランド、北アイルランドでの個展、カナダ、ドイツ、中国でのグループ展など札幌を拠点に国内外で活動。1995年ヤングマガジン奨励賞、2000年ビッグコミックスピリッツ努力賞、2010年JRタワー「アートボックス」グランプリ。2012年より、500m美術館の展示企画、札幌駅前通地下歩行空間でのPublic Art Research Center [PARC]やThink Schoolなどの企画や運営を行う。2015年一般社団法人PROJECTA設立。
https://takahashikiyoshi.com/

ゲスト講師のご紹介

​各授業にゲストとして参加し、それぞれの経験と知識を活かしたレクチャーやワークショップを行います。

 
顔写真(芳村).jpg

芳村直孝 | 札幌駅前通まちづくり株式会社  代表取締役社長

1959年生まれ/北海道大学法学部卒業後、札幌市役所勤務。都心まちづくり課長時代に、札幌駅前通まちづくり株式会社設立及び札幌駅前通地下歩行空間活用による収益をエリアマネジメント活動費に充当する仕組みづくりに携わる。その後、PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)事務局長などを経た後、札幌市を早期退職し、2018年に札幌駅前通まちづくり会社に入社。札幌駅前通地区のビジネスパーソンや都心を訪れる人々と連携しながら、札幌駅前通地区を魅力ある都心の「顔」として育てるため、エリアマネジメントに取り組んでいる。

 
210522_kuraya-sama.jpg

蔵屋 美香 |横浜美術館 館長

千葉県生まれ。千葉大学大学院修了。東京国立近代美術館勤務を経て、2020年より横浜美術館館長。

主な展覧会に、「ヴィデオを待ちながら―映像、60年代から今日へ」(2009年、東京国立近代美術館)、「ぬぐ絵画―日本のヌード 1880-1945」(第24回倫雅美術奨励賞、2011-12年、同)、「高松次郎ミステリーズ」(2014-15年、同)、「藤田嗣治、全所蔵作品展示。」(2015年、同)、「没後40年 熊谷守一:生きるよろこび」(2017-18年、同)、「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」(2019-2020年、同)など。第55回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館の田中功起個展「abstract speaking: sharing uncertainty and other collective acts」(2013年)で特別表彰。おもな著作に『もっと知りたい 岸田劉生』(東京美術、2019年)他。

 
210626_sakai-sama.jpg

酒井 秀治 |株式会社SS計画 代表取締役

1975年札幌生まれ。北海道大学工学研究科を修了後、東京の都市計画コンサルタントで主に密集住宅地の再生に従事。2007年から(株)ノーザンクロスにて都心部の再開発や広場づくり、公共空間のリノベーションによるサロン・カフェづくりに関わる。2010年、都市型養蜂による地域再生活動「サッポロ・ミツバチ・プロジェクト」を設立、理事長を務める。2017年に独立、建築を主軸に多分野横断的なまちづくりに取り組む。他、市民力でまちの魅力を創造する『まちのデザイン部』にも関わる。一級建築士。

 
satoruwada_1.jpg

和田哲 |街歩き研究家

 

1972年札幌市生まれ。市電沿線で電車を毎日見ながら育つ。札幌旭丘高校、日本大学法学部卒業後、広告代理店を経て2012年から2022年まで札幌のタウン情報誌「O.tone」編集デスク。古地図や古写真、道路のずれから札幌の楽しい歴史をひもとき、O.toneの連載や講演活動などで発信。2020年には連載をまとめたムック本「古地図と歩く 札幌圏」を出版。2015年にNHK「ブラタモリ」札幌編で2人目の案内人を務めた。現在はフリーとして活動。HBC「今日ドキッ!」の不定期特集「ほっかいどう歴史散歩」やHBCラジオ「朝刊さくらい」の「今朝の三枚おろし」(金曜日)などに出演中。

210918_chikirin-sama.jpg

ちきりん |社会派ブロガー

 

関西出身。米国ビジネス大学院への留学、外資系企業での勤務を経て2011年より文筆活動に専念。 『自分のアタマで考えよう』『マーケット感覚を身につけよう』などベストセラー著作多数。ブログ「Chikirinの日記」は日本有数の人気ブログで、ツイッターのフォロワーは35万人を超える。コンテンツクリエイター向けの音声配信「Voice of ちきりん」も人気。パジャマデザインや海外旅行企画など、企業とのコラボーションを手がけ、最近はリノベーション関連の出版やイベント参画にも積極的。

275364782_1119184292264374_350860238678454427_n.jpg

神輝哉株式会社PLOW 代表取締役

 

1980年札幌生まれ。大学卒業後、実用書系出版社での営業職を経て、Uターン。帰札後はゲストハウス、温泉、アパレル、飲食業、日雇い..etc, 様々な職種を経験し、2014年より札幌市北区にて旅人向けの宿”UNTAPPED HOSTEL”を開業。コロナ禍において二棟あるうちの一棟を住居喪失者向けのシェルターへと転用し、2021年同施設内に書店”Seesaw Books”をオープン。事業を通じて公共とカルチャーの垣根を溶かし、新たなコモンズの社会実装に取り組む

211204_urushi-sama.jpg

漆崇博|一般社団法人AISプランニング 代表理事

 

北海道石狩市出身。一般社団法人AISプランニング代表理事。北海道内でのアーティスト・イン・スクール事業をはじめ、アーティストや地域住民との共同によるイベント、アートプロジェクトの企画・運営・コーディネート等のマネージメントに関わり、アートと社会をつなぐ担い手として活動している。主な活動に、香川県観音寺市におけるアートイベント「よるしるべ」の企画・プロデュース、北海道内でのアーティスト・イン・スクール事)の運営・コーディネート、アーティストの創作支援を目的としたさっぽろ天神山アートスタジオの管理運営、札幌国際芸術祭の事務局マネージメントなどに関わる。

成田舞 Mai Narita(小).jpg

Photo by  Mai Narita

上田奈代|詩人・NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表理事

1969年吉野生まれ。詩人3歳より詩作、17歳から朗読を始める。2001年「ことばを人生の味方に、詩業家宣言」。2003年、大阪・新世界でアートNPO「ココルーム」を立ち上げ、2012年「釜ヶ崎芸術大学」、2016年ゲストハウス開業、2019年庭に井戸を掘り、「本間にブックカフェ」設置。2020年「閉経サミット」企画。著書「釜ヶ崎で表現の場をつくる喫茶店、ココルーム」(フィルムアート社)。2014年度 文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞。大阪市立大学都市研究プラザ研究員。堺アーツカウンシル プログラム・ディレクター。大手前大学非常勤講師。

 
DSC08402.jpg
川上大雅 |弁護士・弁理士・ギャラリーディレクター
札幌市内にて、札幌北商標法律事務所とギャラリーsalon cojicaを運営。弁護士・弁理士。様々な側面から創作を支え、法律と美術の間で活動を続けている。特技はスキー。salon cojicaのほかの近年の活動として、NMAライブ・ビデオアーカイブ(2017)、中崎透 × 札幌 × スキー「シュプールを追いかけて」(2017)、なえぼのアートスタジオ(2017-)、geidaiRAM(2018-)など。
 
220115_kusano-sama.jpg

草野竹史NPO法人ezorock 代表理事

酪農学園大学環境システム学部経営環境学科卒。在学中、北海道最大級の野外音楽フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL」にて、ごみ問題の改善を目指し団体を設立。その後、「若者」×「地域」を切り口に、数多くのプロジェクトを展開。これまでに延べ2万人を超える若者が、北海道各地の地域づくりに参加する機会を創出。平成30年度内閣府「未来をつくる若者オブザイヤー」内閣総理大臣賞 受賞。

 
FUJIKAWA HARUKA (photo_Ben Matsunaga).jpg

Photo by Ben Matsunaga

藤川悠茅ヶ崎市美術館 学芸員

広島市現代美術館、森美術館、東京都現代美術館を経て現職。現代美術と教育普及を専門とし、環境や空間を活かし人の感覚に働きかける展覧会やプログラムを数多く企画。インクルーシブデザインの手法を用いアーティストや障害のある人とともに地域をリサーチするところから企画した「美術館まで(から)つづく道」展(2019)は、多様な人々に向けるアートの新たな試みとして各分野から高い注目を集めた。その他、第20、21、22回文化庁メディア芸術祭アート部門選考委員、女子美術大学非常勤講師。

 
211113_kobayashi-sama.jpg

小林元|IMPROVIDE Co.,Ltd.  代表取締役/クリエイティブディレクター

1983年北海道札幌市生まれ。2007年インプロバイド設立。北海道の「食」「地域」「教育」分野に注目しながら、事業の戦略立案からビジョン・ステートメントデザイン、ブランドコンサルティング、デザインマネジメント分野で活動。札幌市立大学・札幌大谷大学非常勤講師。

 
211218_shibata-sama.jpg

柴田尚北海道教育大学岩見沢校教授/NPO法人S-AIR代表 ​

NPO法人S-AIR(エスエア)代表。今年23年目を迎え、37ヵ国103名の滞在製作に関わってきている。NPO法人S-AIRは、2008年、国際交流基金地球市民賞を受賞。2013年度より、北海道教育大学岩見沢校教授となる。S-AIRでは札幌を制作場所としたビジュアルアーツが中心だが、大学では空知のワイナリーを舞台としたヌーヴォーシルクの滞在製作「空知遊覧」(2016~8)なども企画。共著に「指定管理者制度で何が変わるのか」(水曜社)「廃校を活用した芸術文化施設による地域文化振興の基本調査」(共同文化社)がある。2016年、北海道文化奨励賞受賞。

 
211127_kudo-sama.jpg

工藤安代|特定非営利活動法人Art & Society研究センター 代表理事 

東京生まれ。多摩美術大学卒業、南カルフォルニア大学大学院、埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程を修了。民間企業にて公共・民間組織におけるアート・コミッション事業に携わった後、社会・地域における芸術文化活動の研究活動に取り組み、2009年現法人を設立。プロジェクト型アートのアーカイブ活動や都市空間を活用したプロジェクト等をおこなう。近年はソーシャリー・エンゲイジド・アートに関する研究会や展覧会等を主催。主な著作に『パブリックアート政策』、翻訳書『ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門』、編集『ソーシャリー・エンゲイジド・アートの系譜・理論・実践』等がある。

 
220212_kaminaga-sama.jpg

神長敬|歴史地域未来創造 株式会社やまチ 代表

1966年生まれ。宮城県出身。札幌市のモエレ沼公園や石山緑地などの公園設計、新型低床車両ポラリスのデザイン、仁木町のワイナリー計画など、ランドスケープ、プロダクト、建築と幅広くデザイン・プロジェクトにかかわる。被災地、東松島市では、支えあう暮らしの実現に向けたコレクティブ・ハウスの設計に参画。そのほか、まちづくりへの住民参加のプロセス・プランニング、地域計画や行政計画に関するプロジェクトも多い。北海道地域づくりアドバイザー、技術士(建設部門 都市及び地方計画)。

 
220226_sasaki-sama.jpg

佐々木 信|デザイナー

1974年北海道生まれ。デザイナー。大学在学中に、札幌のミニシアター・シアターキノに映写技師として勤務。1996年に渡英し、翌年、一文無しで帰国。すぐに札幌の編集プロダクションでグラフィックデザイナーとして仕事を始め、2001年に独立。3KGを設立し、札幌市交通局のICカードSAPICAの盤面や、札幌市のシティプロモート「SAPP‿RO」のマークをデザイン。AIRDOのマスコット「ベアドゥ」のデザインも手がける。2007年にD&DEPARTMENT HOKKAIDO by 3KG をオープンしたほか、2010年にシブヤ大学の姉妹校として開設された札幌オオドオリ大学の創設に携わる。毎月「庭しんぶん」を発行していますので、ぜひ読んでみてください。

​※スケジュールや講座内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
​※講師の肩書等は2022年3月時点のものです。