©︎2019 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

 卒業生からの言葉 

 1期卒業生 

 

長谷川宏美さん

Q1. 入学したきっかけは?

アートを見るのが好きで、“まちづくり”って何? と、思っていたので入学しました。

Q2. 入学してどうでしたか?

企画者がどのように考え実施に至ったかを知ることができ、個性的な講師の方々からその都度刺激をもらい、面白かったです。

Q3. 印象に残っていることは?

チ-ム・個人企画で、皆でディスカッションしていた時間が楽しく、貴重な経験です。

Q4. 入学を考えている人へ向けて

シンクスクールは、考える場面を与えてくれる学校です。講義を受けるだけでなく、産み出すことの大変さを体感します(笑) 是非、体感してみて下さい!

由井未華さん 31歳 会社員

Q1. 入学したきっかけは?

部長から「入学してみない?」と、 業務の一環で声がかかったのがきっかけです。 「まちづくりを学べるアートスクール」というところに惹かれ、 仕事でも「まちづくり」がスローガンになっていることもあり、入学を決めました!

 

Q2. 入学してどうでしたか?

「全然まちづくりじゃない!アートばっかり!」というのが素直な感想ですが、アートというかもともと芸術鑑賞は好きだったので、週替わりでキュレーター、ギャラリスト、コーディネーター、アーティスト、アートディレクターなどの豪華講師陣から直接お話を伺えたのは、非常に贅沢で貴重な経験となりました。それに仲間の一期生みんなそれぞれ個性的で面白くて、人脈も世界も広がりました。

Q3. 印象に残っていることは?

事務局の高橋さんから、「今はわからないかもしれないけど、このシンクスクールでの経験はいつかボディブローのように効いてくるよ」と言われ、卒業してから日々実感しています。企画立案を通して、これでもかというくらい自分に向き合い、投げ出したくなったり、辛いときもありましたが、あんなに自分に向き合ったこともないし、一人ひとり企画に取り組んでいましたが、皆で協力し合いながら企画を練り上げていく過程もまるで青春に戻ったようなひとときでした。 肌で作品を感じることができた「あいちトリエンナーレ」や「瀬戸内国際芸術祭」の視察旅行も良い思い出です。

Q4. 入学を考えている人へ向けて

ここでなければ出会わなかったような職種や年代すべてバラバラな人たちのと出会いが生まれ、 活動を通して自分を見つめ直すきっかけにもなるので、パラレルキャリアに興味のある方にもおすすめします!まさに「一年間、楽しくアートを学ぶことで、新しい世界と新しい自分に出会えるでしょう」!

土田 菜月さん 22歳 コピーライター

Q1. 入学したきっかけは?

大学時のプロジェクト活動がうまくできなかったので、もっと企画や運営について大学以外で学びたいと感じていたから。

Q2. 入学してどうでしたか?

実際にアートの現場で働く方々から率直な意見や密な話を聞くことができ、とても刺激的でした。

Q3. 印象に残っていることは?

有志参加で同じスクール生と瀬戸内芸術祭を巡れたこと。

Q4. 入学を考えている人へ向けて

美術を見る目や企画力だけじゃなく、広い視野や知識をつけることができるので、あまりアートマネジメントに興味の無い方にもオススメしたいです。

吉田 正哉さん 32歳 会社員

Q1. 入学したきっかけは?

公共に関わる仕事をしており、まちづくりに興味があったため。

Q2. 入学してどうでしたか?

最初のうちは、受講者の世代が多種多様で分野もバラバラ、講師陣も知らない方が多くど のような学びになるか心配でしたが、結果的に講師の方、受講生のみんなと議論を交わし 考えの幅が広がったと感じています。

Q3. 印象に残っていることは?

アーティストである講師の方が、延々と自分の作品の解説をしていく授業がありました。 一人のアーティストの作品を時系列に沿って聞ける機会はそうそうないこと、アーティストの考えが本人の口から直接語られることにより、その思想性をより深く理解できたのではないかと思いました。

Q4. 入学を考えている人へ向けて

普段自分が関わっていることと違う分野の話を集中的に聞ける機会というのは、そんなに多くないと思っています。少しでも自分の動き方や考え方の幅を広げたいと思っている人は、勇気をもってThink Schoolに飛び込むことをお勧めします。自分もそうでした。

山岸奈津子さん 37歳 フリーランスPRプランナー

Q1. 入学したきっかけは?

アート関係の仕事をきっかけに「アートって、芸術ってなんなの?」という疑問・もやもやが消えなく、自分なりにその答えに近づきたくて入学を決めました。

Q2. 入学してどうでしたか?

アートって何だろうということを様々な講師陣のお話から整理していくことが出来たこと はとても役立ちました。また、企画課題を進めるなかで自分の新しいライフワークにもなる問いを見つけることができ、今、卒業企画を実施するべく、いろんな壁にぶち当たりながら試行錯誤しているところです。想像以上の機会になりました。

Q3. 印象に残っていることは?

かなりチカラを入れて取り組んだ前期グループ課題が全然良い評価に繋がらなかったこと です。悔しくて、チームメンバーと飲みに行ってずいぶん愚痴りました(笑)
アートって、アートプロジェクトってなんなんだろうと、さらに考える機会になりました。

Q4. 入学を考えている人へ向けて

正直、受動的に何か専門性を学べる場所かというと少し違って、自分なりに学びたいことのゴールに近づいていくプロセスがThink Schoolの特徴ではないかと思います。いろんな出会いとそれによる気づきはたくさんあると思うので、どう吸収していくことが出来るかで、なかなかの投資である授業料の元を取れるか(笑)決まってくるんじゃないかと思います。

蔵重幸代さん 25歳 会社員

Q1. 入学したきっかけは?

わたしは学生時代に美術科に所属していました。勉強をしていくと、「デザインとアートの境目はどこなのか、アートとは何か。」という、ざっくりとした疑問をずっと持っていました。 その疑問を解決するきっかけにならないか、と思い入学しました。

Q2. 入学してどうでしたか?

様々な価値観や知識に触れる機会の連続で、あっという間の一年でした。 毎授業では自分の中の疑問が解決され、また疑問が生まれていく感覚でした。 知る楽しさを痛感でき、入学して本当に良かったと思います。

Q3. 印象に残っていることは?

飲み会

Q4. 入学を考えている人へ向けて

興味がない方、是非入学してみてください。迷っている方、是非入学してみてください。 楽しい一年間が待っていると思います。

黒岩絵里子さん 36歳 コーディネーター

Q1. 入学したきっかけは?

やりたいと思った企画があり、アートマネジメントを学びたいと思ていた瞬間とドンピシャでシンクスクール開校を知る。一瞬も迷わずに決断。

Q2. 入学してどうでしたか?

様々な分野の凄い人の話を聞き、会うことで沢山刺激を受けてスーパースペシャルなインプットの連続でとにかく楽しかった。それでとにかく自分の個性・性質を大切に、それを生かして生きていくことの大切さ、重要さを学んだ。

また、企画を考えるとき以外、私生活でも自分と向き合う時間が増えた。私は、卒業後にシンクスクールの企画や様々な展覧会に携わる仕事をさせてもらっています。

Q3. 印象に残っていることは?

あまり興味がないと思っていた「まちづくり」の分野の事に、実はすごく興味があるのだな、と思った授業があったこと。街をこうしたい、ひとがこうあったら良い世の中になるなぁっていう願望が自分の中にあることを発見した時があった。あと、森司さん、小川希さんとの飲み会が超印象的です。自分の本質を見抜かれてつつかれた感じでした。

Q4. 入学を考えている人へ向けて

とにかく、入ってみたらいいと思います。入り口はアートマネジメントとかまちづくりとか、制作とか言葉ですけど、それらの切り口から様々な事を考えて、出会って、広がっていくと思います。

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle