9/26 制作 「天才ハイスクール!!!!」(講師|Chim↑Pom 卯城竜太さん)




この日の制作コースは、昨年に続き、

東京からChim↑Pom 卯城竜太さんをお招きして、

活動についてのレクチャーとスクール生の作品講評を行なっていただきました。



Chim↑Pomといえば、日本を代表するアートコレクティブ。

社会に全力で介入していくその活動スタイルは、皆さんご存知の方も多いはず。

とても貴重な時間です!







さて、前半のレクチャーでは、

技術至上主義が崩壊したあとのアートの形について、

歴史を紐解きながら、ご自身の活動とあわせて紹介。


ご本人も言ってましたが、たしかに、チンポムの活動は、

特別なスキルを必要としないものがほとんど。

だけれど、社会や私たちの認識や常識に強いインパクトを与えている。


簡単な手数でどのように効果的な作品が作れるか、という言葉もなるほど興味深いです。




そして、後半からは、生徒作品についての講評。

事前課題を課せられたグループは、過去作品や新作を持参し、さっそく講評タイム。

その間、当日制作のグループは、卯城さんより、

「じゃあ今から、時間をかけず、考えすぎず、なるべく簡単に作品をつくってきてください!」

との指示が。


2グループに別れての制作&講評タイムとなりました。




講評では、

生徒作品を取り上げて、自然や植物など人間以外のものごとを中心に捉える

現代アートの作品傾向に触れたり、


別の生徒さんには、

「作品のテーマや表現は良いので、空間の中でどう見せるかをそろそろ考えてみては?」

という具体的なアドバイスまで。





フランクな人あたりで、その人それぞれの感覚や関心ごとについて真摯に聞いてくれて、

ささいなことや一見つまらないようなものにも、

ガチンコでぶつかってきてくれる感じがとても良かったです。








最後に、卯城さんが引用した中国のアーティスト、アイ・ウェイウェイの言葉で

印象に残ったものをご紹介。

「ほんのひとつの出来事が、われわれの世界を変えうる。芸術の面白さはここにある」



そんなアートの魅力を突き詰め、実践しているのが

Chim↑Pomの活動なんだなぁとご本人を前にしてあらためて感じられる充実した時間となりました。





特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

©︎2020 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle