11/21「自分だけの答えを見つけるアート思考」



11月21日は、東京より遠隔のオンライン参加にて、

末永幸歩さんによる「自分だけの答えを見つけるアート思考」の合同授業でした。





末永さんといえば、著書、「13歳からのアート思考」でおなじみ。



この日は、オンラインによる遠隔授業ではありましたが、

実際に受講生の皆さんには、会場でワークシートや画用紙に

色を塗ったり、絵を描いたりしてもらいながら、

双方向にコミュニケーションをとりながらの授業と

なりました。

まず、緊張をほぐすアウトブレイクとして、色を使った自己紹介。

受講生のみんなはもう顔見知りではありますが、

あらためて自分を色で表現する、

というテーマで描いてもらうとみんな三者三様。


色というきっかけによって、人それぞれの

新たな一面が見えるような気がして、おもしろいですね。



また、授業の中では、アート作品の画像を見ながら、

自由に感じたことを話し合いながら理解や考えを深めていく、

アウトプット鑑賞を実践。


いろんな視点から、作品について思ったこと、感じたことをグループで話し合います。



後半からは、自分の身の回りのものを、視覚以外の感覚を使って表現するワーク。


匂いや手触り、どんな音?といった他の感覚器官を使って、

作品について考える経験は、自分たちが普段、

どういう視点でものごとを見ているのか?

もっと違う見方もできるかも!

などなど発見がたくさん。



手を動かしながら学んだことは、

きっと今後も参加された皆さんの蓄積や経験として残るはず。

制作コースにも企画コースにも重要な気づきがたくさんあったと思います。

末永さん、ワクワクするような楽しい授業をどうもありがとうございました!

特集記事
最新記事
アーカイブ