11/30-12/1「合同合宿」相馬千秋さん、小泉明郎さん

今年も、やってまいりました。企画コース・制作コース合同の温泉合宿。

今年は由仁町にある「ユンニの湯」にて二泊三日の超濃密合宿でした。

講師には、舞台芸術など多くプロデュースされているNPO法人芸術公社代表理事の相馬千秋さんと、国内外で大変ご活躍されているアーティストの小泉明郎さん。

2019年のあいちトリエンナーレでは相馬さんはパフォーミングアーツのキュレーターとして、明郎さんは作家として関わっていらっしゃいました。

相馬さんはシンクスクールでは初めましてです。明郎さんは2016年に講義で、2017年には同じく合宿に講師としてきていただいてました。明郎さんが来る時は毎回大雪になるので、今回も心して大雪にのぞむ気持ちでしたが、ぜんっぜん雪がなくむしろ雨、、、。

本当に雪不足ですね〜。会場に到着後、すぐにレクチャースタートです。

相馬さん、明郎さんお二人にはそれぞれの活動についてや、今年話題になったあいちトリエンナーレについて。表現の不自由展で実際に何が起こっていたかなどお話していただきました。

1日目はこれにて終了。

夜はみんなで宴会!!

朝4時ころまで続きました・・・・

明郎さんと話した内容をまったく覚えていない、、、、飲みすぎました。

そして、二日酔いで(私だけ)始まった2日目、この日は朝からびっちりプログラムです。

企画コースは後期の個人課題にむけて、それぞれの企画のタネをみつけるべく考える時間とディスカッションを重ね、相馬さんからアドバイスをもらいました。

制作コースは、これまでの作品を見てもらいながら、チュートリアルを1人1人じっくりと時間をかけてしてもらいました。濃い。

頭の色が眩しいな、、、

19時頃にプログラムが全て終了!そして乾杯!!

本当にお疲れ様でした!

ご飯が終わり、お風呂に入った後は、明郎作品の上映会。待ってました!

何本か作品を見せてもらい、最高の時間でした。

そして、その後朝まで宴会は続きました、、、、、

大変お忙しい中本当にありがとうございました。

本当に貴重で有意義な時間となりました。

特集記事
最新記事
アーカイブ