7月3日「絵画論2」山本雄基さん



こんにちは!

シンクスクール事務局です!


今回は前回に引き続き山本雄基さんによる絵画の授業になります。


山本さんの授業は制作コース1発目の課題の制作、講評で恒例となっております。


与えられたテーマは自分をテーマに「自画像」を描いてくる、です。


講評はまち会社さんで行い、

到着した順に作品を並べて行ってもらいます。


始まる前に事務局と山本さんはざわついていました…とても見応えのある作品が並んでいてびっくりです!


今年の受講生は写真、映像、演劇と、

既に表現することに触れている人たちが比較的多いことは確かですが絵画でも皆目をひく作品ばかりでした。


講評の流れは、

作品の発表→受講生同士の質疑応答→山本さんの講評という流れです。


受講生同士の質疑応答タイムは山本さんの講評時間をとってしまうほど白熱していまいた。

対面2回目の授業とは思えないアグレッシブさに今後の講評や懇親会でどんな話をするのか楽しみです!


山本さん全ての作品に時間ギリギリまで丁寧に講評していただきありがとうございました!


最後に山本さんの作品紹介を行っていただきました。



山本さんの過去の作品から現在の丸がレイヤーされた作品に至るまでご紹介いただきました。

山本さんが学生時代に描いた自画像に既に月や月のクレーターのように丸のモチーフが潜んでいることが驚きです…


今回の受講生の皆さんが制作した自画像も「なんとなく初めて描いてみた自画像」と感じるかもしれませんが、

制作を続けていった先で見返していろんなことに気づくのではないでしょうか。


私も2年前に山本さんの授業で描いた自画像を見返して、

「お!この頃からこんなこと思ってたかも!」となった内容がとても希薄でもっと頑張ろうと思うほかなかったです…


…はい!


次回の制作コースの授業は露口啓二さんによる「写真制作のプロセス」です!

特集記事
最新記事
アーカイブ