8/24 企画コース「グループワーク③」酒井秀治さん

3度目の酒井秀治さんの講座は、久々の前期課題に向けてのグループワークです。 10月に控えた課題のプレゼンテーションへむけて、各グループ頑張っています。 自分が生徒だった時のことを思い出すと、、、が、がんばれ〜〜〜とにかくがんばれ〜としか言えません。 色々ありますけどね、各グループ。なかなかメンバーが揃わなかったり、うまく進まなかったり。 でも結果っていうよりも頑張ったプロセスの方が大切だと私は思っています。 さて、酒井さん登場。 さっそくグループワークに入りました。 酒井さん、今村さん、高橋さんの3名が各グループをまわりながらアドバイスをしていき、 前回までのまとめを見直し、企画として実現できそうなものに絞っていきました。 前にもお知らせしたかもしれませんが、今年の前期課題は「アカプラ の新しい楽しみ方を提案する」プロジェクトを考える、というもの。あれれ、私たち1期生の時もアカプラでしたね〜。さらに、色々と思い出されます。笑 なんとかプレゼンできるようなところまでいかないと、というプレッシャーもなかなかのもんです。 そして今回のグループワークの結果を発表です。 酒井さん、今村さん、高橋さん3名から、各グループアドバイスや意見をもらいました。 厳しい意見もありましたけど、大事な時間ですね。 次のグループワークでは企画書にまとめ、プレゼンテーションができるくらいまでに仕上げます。 なぜならば、10月の本番前に中間発表があるのです。 9/14の森司さんの授業では、実際にプレエンテーションをしてアドバイスをもらいます! が、がんばって〜みんな〜 さて、次回の企画コースは、 8/31、イ

9/29 企画コース「企画書のプレ・プレゼンをする」(酒井秀治さん)

29日後半は、おなじみ、担任の酒井秀治さんの授業。 ここまで各チームが練ってきた企画プランを発表し、 現時点での課題や問題を指摘してもらう時間でした。 みんなで補足しあいながらプレゼンしたり、説明の上手な一人がプレゼンをしたりと、 チームによって個性があるのもおもしろいです。 これまでいろんな講師の方に、アドバイスをもらいながら進めてきましたが、 複数人で意見や考えをすり合わせながら、企画として落とし込むのは、なかなか至難のわざ! この日の授業でも、その苦労が随所に現れていました。 担任の酒井さんからも、適宜、質問やアドバイスが入ります。 「各自が設定した、その場所でやる必要があるの?」だとか、 「十分な事例のリサーチがなされているのか」、 はたまた、 「そもそも、ここで目指されているコミュニティってどういうもの?」などなど。 なかなか話が進まないともやもやすることもありますが、 この「そもそも」ってすごく大事ですよね。 毎回、基本に立ち返って議論し、組み立てていくことが企画の柱なのかなと思います。 最後には、問題点を洗い出し、さらに内容を詰め、 深めていくことが宿題となりました。 社会に入ると、自分から進んで課題を見つけたり、それを企画に起こす、 さらには、それを第三者に指摘してもらう機会って、仕事以外であまりないですよね。 かなり大変な作業ではありますが、少しずつ積み上げて、なんとか 形にしていってもらいたいなあと思いました。

9/29 制作コース「作品についてのアドバイス」(鈴木涼子さん)

この日は、ジェンダーをテーマに制作されている美術家の鈴木涼子さんを講師としてお招きしました。 鈴木さんの作品は、扱っている問題やコンセプトなど、これまでの講師の方とも、また一味違っていていて、刺激的です。いろんなジャンルの方が講師として入っているのも、Think Schoolのおもしろいところですね。 作家活動を始めたころのどろどろと生っぽい話から、海外のアートフェアの事例まで、幅広い内容でした。生徒それぞれにも重なる部分があり、身近に感じられたんじゃないかなと思います。 後半 からは、制作コースの中間発表に向けた、チュートリアルです。 各自が考えたプランや制作の進捗を発表し、鈴木さんからアドバイスをもらいました。 生徒どうし、お互いのプランも共有しながら、話し合いを進めます。 柔らかな物腰で生徒の話を聞きつつ、生徒のプレゼンからやりたいことの意図が汲み取れないときには、しっかりと掘り下げ、なぜダメなのかを指摘してくれました。 「ある程度、形にはなってきているけど、本当にそれがやりたいのか」とか、 「 ちょっと、いき詰まって無理に形にしようとはしていないか」など、 経験に裏打ちされた言葉が、一人一人の胸に刺さったんかじゃないでしょうか。 制作やコンセプトの難しさについて、まじまじと実感した2時間でした。

特集記事

最新記事

アーカイブ

©︎2020 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle