9/30 企画コース「芝居づくり、場づくり、まちづくり」

今回の企画コースは斎藤ちずさんをお招きしての講義でした。

斎藤ちずさんは札幌市で「コンカリーニョ」という劇場も兼ねた生活支援型文化施設の代表をされています。また、コンカリーニョの他に、ターミナルプラザことにパトス、あけぼのアート&コミュニティセンターの運営もされています。

お芝居に出会った時の話、コンカリーニョの立ち上げについてのお話や、経営のかたち、具体的な「お金の話」を沢山していただき、とてもパワフルな時間でした。

ワークショップでは、実際にどうやったらお金を生む事が出来るのか、それぞれがコンカリーニョを舞台にイベント等を具体的に皆でディスカッションしながら考えていきました。

「お金の話」になると熱が入る受講生がいて、賑やかな時間でした。

企画を動かす時にさけては通れない「お金の話」。

ここまで具体的にリアルに考える事がなかなかないので、とても貴重な時間でした。

次回は、細川麻沙美さん(札幌国際芸術祭事務局マネージャー/コーディネーター)による、

「企画をかたちにする」です。

特集記事
最新記事
アーカイブ