10/27 合同「グループ企画と前期作品を振り返る」

10月27日、Think School前期展の最終日ですが、

この日は会場であるなえぼのアートスタジオにて

制作・企画コース合同の授業を行いました。

今回は、前期の振り返りがテーマ。

制作コースは展示作品について、「〇〇を考えて作った」、

「作ってみたけど、ここがまだ悩んでいる」という話を。

一方で、企画コースは、チーム課題について、

「この部分について詰めが甘かった」、「もっとこうしたかった」などなどを

発表してもらいました。

発表に対しては、都度、担任(?)のような存在でもある、

事務局の今村さん・高橋さんがツッコミ、アドバイス、質問を投げかけます。

生徒からも都度質問が飛びます。

今回は、制作コースと企画コースが入り混じっての授業でした。

制作コース生の、自作説明です。

制作コースの面白いところは、

言葉や考えが、企画コースよりもずっと、生々しいところ。

作品制作においては、自己の本質的な部分を抜きにはできないので、

必然かもしれませんが。

ただ、その生々しさ、リアリティみたいなものは、

企画を作るときにも重要な要素なんじゃないかなと思ったり。

反面、企画コースの発表は、

やはり、人に伝える技術があります。

お互いに良い刺激だなあ。

ただ、スクールとしてはまだ中間地点。

11月からは、後期授業があり、最後には卒業企画+卒業作品展示が控えています。

何かをつくって考えたこと、あとから分かったことは、

何事にも変え難い財産です。ぜひぜひ、このフィードバックを大事にして、

次へ次へとつなげてほしいですね。

なお、授業後はあらためてお疲れ様会をしました。

みなさん、前期のことをバネに、踏み台にして、後期も頑張りましょう!

特集記事
最新記事
アーカイブ