7/20 「社会と芸術」「社会問題からプロジェクトを考える」工藤安代さん

7/20は久しぶりの合同講座で、企画コースと制作コースの受講生が久々に顔を合わせました。 皆が揃うとなんだか嬉しい気持ちになる、事務局の黒岩です。 さて、今回は工藤安代さん(特定非営利活動法人Art & Society研究センター 代表理事)をお招きしての講座。 工藤さんは、これまでたくさんの社会・地域における芸術文化活動の研究活動に取り組んでこられました。 近年はソーシャリー・エンゲイジド・アートに関する研究会や展覧会等も主催されてます。 主な著作 『パブリックアート政策』 翻訳書『ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門』 編集『ソーシャリー・エンゲイジド・アートの系譜・理論・実践』 まず前半では、近年注目されるソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)について、SEAの概要や歴史についてお話いただきました。 社会との関わりが強いアートの動向ということで、 様々な社会問題とも密接につながっています。 1960年代〜1990年代の社会問題とそれに訴えかけるような作品をつくり出してきたアーティストの紹介なども。 詳しくは、工藤さんが立ち上げているSEAのサイト、「SEAリサーチラボ」にも紹介されているのでぜひ見てみてください。 そして、後半は、グループワークです。自分が興味をもつ社会問題に対して、 どのようなプロジェクトを提案できるか、というワークショップを行いました。 環境問題、地域コミュニティ、子育て、教育、差別問題などなど、はじめにそれぞれが興味をもつ大きな社会問題のジャンルごとにグループ分けをしてから、スタートしました。 今回のグループ分けは、 ① 地域コミュニティ(高

7/6 制作コース「スカルプチャーのオバケのレクチャー」金氏徹平さん

7/6 制作コースの講座レポートです。 京都から、金氏徹平さん(美術家、京都市立芸術大学彫刻科専任講師)をお招きしました。 国内だけでなく海外でも多く活動をしていらっしゃる金氏さん。 昨年はPARC8に出展していただきました。 そして、今回は金氏さんにシンクススクールの講師としてお願いすることとなりました。 教室はいつもと変わり、「なえぼのアートスタジオ」にて行われました。 タイトルは「スカルプチャーのオバケのレクチャー」 前半は彫刻についてのレクチャー。 彫刻とは何か、彫刻の分かり難さなどを金氏さんの視点でお話していただいた他、時代と共に変化していく彫刻の素材について、近代彫刻の作品紹介を交えてご紹介いただきました。 後半は石膏をつかったワークショップです。 普段は、ワークショップに使う素材の買い出しからやるそうで、海外などでは、買い物からはじめることで、その国の特徴、社会背景などがわかるそうです。 面白いです。 後で石膏をかけ流すことを考え、バランスや強度もみながらそれぞれが好きなように素材を重ね接着していきます。 そして、石膏をかけます。 石膏をかけ流す行為自体も彫刻の一部と考え、「一個一個のものが、ギリギリそのものに見えなくなる、かつ、よく見るとわかる」ように。金氏流。 そして、続いては団体戦。 皆で一つの作品をつくります。 一人3つずつ、素材を置き、接着していきます。 次の人のことを考えながら・・・。なかなか苦戦していました。子供達のほうがうまくやるよ、(笑)と金氏さん。 そして、皆で一気に石膏をかけ流します。 なんだかよくわかりませんが、完成! なかなか触れることの

7/6 企画コース「ファシリテーションを学ぶ」酒井秀治さん

こんにちは。シンクスクール事務局の黒岩です。 7/6の講座レポート、まずは企画コースからアップします! とにかく、とても盛り上がっていた7/6は、2回目の登場、酒井秀治さんの講座でした。 酒井秀治さんには今年度全5回、前期課題に向けて体型的に学ぶプログラムを組んでいただいています。 今回は2回目のグループワーク。 授業のはじめには、「チームビルド」として、グループごとにペーパータワーを作り、高さを競いました。 これを2回行います。1回目で気がついた反省点・改善点をもとに作戦会議をして、2回目に挑戦します。 まさかの、作戦、、斬新です!笑 1回目で不安定で心配な構造だったグループも、2回目はとても安定感のある構造に。 見事、優勝でした。盛り上がりましたね。 そして、授業の後半では、ファシリテーションの方法を学びました。 グループごとにファシリテーション役を決め、ファシリテーターに必要なことを酒井さんに教えていただきながら、先日おこなったアカプラのフィールドワークをもとに、具体的にどうしたら楽しくなるか、新しいアカプラの楽しみ方を考えていきました。 ↑とても良い表情の写真が撮れたのでアップします。楽しそう〜。 そして、毎回恒例のグループごとの発表。 具体的な内容が決まったグループ、まだ、具体的な内容は決まっていないけどベースがしっかり固まったグループ、様々ですね。最終的にでてくる企画自体も、もちろん楽しみではありますが、そこにいきつくまでのプロセスの方に私個人的には興味があります。 グループ間での時間の積み重ねは、とても良き経験ですよね。(1期生だったので、じ〜んと来ることが多々あ

6/22 制作コース「課題の講評」山本雄基さん

6/22の制作コースでは、前回に引き続き、画家の山本雄基さんをお招きし、 課題として出されていた「自画像」の講評と、自身の活動紹介をしていただきました。 皆の作品をずらりと展示し、一人ずつプレゼン。山本さんから講評を受けました。 「自画像」というものをどう捉えるか、様々です。 山本さんに様々な質問、つっこみをされます。これが本当にアツいのです。 今、どういった事と向き合っているか、気になっているかなど、それぞれ作品の裏側を話し、掘り下げていきます。 気になる作品、気になる部分などについて皆でディスカッションも行いました。 最後に山本さんの活動紹介。 学生時代に描かれた絵から現在の作品まで、どういった変化を経てきたかというのもお話いただきました。 山本さんにも、こういう時代があったのですね〜。 授業後は、教室の隣で残って作品について、個人的に講評を受けていました。 とても熱心で、嬉しく思いました。 こういう時間って、本当にこれから先の宝になるのだろうな〜と感じます。 山本さん、2回にわたる熱い授業、ありがとうございました。 次回の制作コースは、 7/6「スカルプチャーのオバケのレクチャー」 講師は、国内外でご活躍されている、金氏徹平さん(美術家、京都市立芸術大学彫刻科専任講師)です!

6/22 企画コース「「まちのひとと作り育てる、まちの居場所」飯石藍さん

6/22の企画コース、講座レポートです。 講師に飯石藍さん(株式会社nest取締役/公共R不動産ディレクター)をお招きいたしました。 飯石さんには、6/1講師の筧菜々子さんと同様、昨年の「さっぽろアートステージ2018 ART STREET」の際にシンクチーム※で企画した「出張シンクスクール 」に講師としてお越しいただき、大変好評で、次はぜひ普段のシンクスクールでも講座をしてほしい、ということでまたお越しいただきました。 ※シンクスクール卒業生や現役生があつまり自主的に活動している企画チーム 今回の講座のタイトルは、「まちのひとと作り育てる、まちの居場所」です。 南池袋公園とグリーン大通りなど、ご自身が携わってきた事業をご紹介していただきました。 特に興味深かったのは南池袋公園の税財源に頼らず維持管理できる公園としての運営体制でした。 公園の改革だけではなく、目に見えない部分の改革がとても素晴らしいと思いました。 詳しくはこちらから→http://ikebukuropark.com/mip-greenblvd/ 実は翌日にちょうど東京へ行く用事があったので、南池袋公園に早速足を運んでみました。 ラジオ体操をする若者たちがいたり、昼間から飲み会をする若者などなど、楽しそうに過ごしている姿が沢山見られましたよ。 さて、続いては講座の後半は、ワークショップです。 「まちに眠る資源を生かして暮らしが楽しくなるコンテンツを妄想する」 というのがこのワークショップのテーマでした。 各グループごとに模造しに、テーマにそって、舞台となる場所や可能性を引き出していきます。 どうやったら面白くなる

特集記事

最新記事

アーカイブ

©︎2020 札幌駅前通 まちづくり株式会社    All right reserved. 

札幌市中央区北3条西3丁目1番地 札幌駅前藤井ビル8階 

シンクスクール事務局/お問い合わせ

一般社団法人PROJECTA 

TEL : 011-211-4366(テラス計画内)

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle